「返金保証」を付けて新規集客!

商品が売れない理由とは…?

高額商品を販売している場合や、購入した後でないと商品の内容がわからない商品を販売している場合、効果的な新規集客法があります。
それは「返金保証」を付けること。

例えば、ビジネス教材を販売している場合、実際に視聴するまで中身(内容)がわかりません。
内容そのものが商品なので仕方ありません。
しかし、見込み客は「とても興味があるけれど、実際に見た後に期待外れだったら嫌だな」と感じています。
だから、なかなか購入してくれないのです。
そのようなお客様に対して「返金保証」を付けると、購入率が大幅に伸びます。
「内容が期待外れだったら返品すればいい」と感じられるようになるからです。

「返金保証」を付けたほうが売上げが上がる!?

「しかし、教材の商品価値は内容だから、返金保証を付けてほとんどの購入者が返品してきたら困る」と感じる方もいるかもしれませんが、実際に返品するお客様はほとんどいません。
ほとんどの場合で5%以下に留まるはずです。
(当然ですが、商品内容が悪ければ返品率は上がります)
基本的に日本人はおとなしい性格の人が多いので、「返品する」という行為に至らない人が多いですし、なかには商品を購入したものの視聴しないお客様もいます。
そのようなお客様も「返金保証」があることで安心して購入してくれるようになるのであれば試してみる価値はありそうです。
仮に、返品率が5%で、「返金保証」を付けることによって購入者数が10%増えるのであれば、「返金保証」を付けたほうがより多くの売上げが上がることになります。
結果的にどちらのほうが得をするかは実際にやってみないとわかりませんが、商品の内容に自信がある場合は「返金保証」にチャレンジしてみることをおすすめします。

「返金保証」の注意点

「返金保証」には注意点もあります。
実際に返品してきた際には快く対応すること。
ここで快い対応をすれば、お客様はあなたに対して好印象を抱いてくれるようになりますから、次の商品を購入してくれる確率が上がります。
「送料はお客様負担」としたり、「返品の理由を教えてください」と問い詰めたりするよりも、理由を問わず返品に快く対応したほうが結果的に生涯客が増えていくのは間違いありません。

消費者があなたの商品を購入しない最大の理由は、「購入した後に後悔したら嫌だな」と思う感情が邪魔している場合がほとんどです。
だからこそ、「購入した後に後悔しない提案=返金保証」を付けることには価値があります。
なかなか売れない商品がある場合は、まずテスト的に1つの商品で試してみてください。
大きな売上げアップにつながる可能性はありますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。