電話受付の品質を上げて新規集客率が上げる!

忙しい時間ほどイライラしながら対応してませんか?

飲食店などに予約の電話をするときに、時々感じが悪い対応をされることがあります。
特に営業時間中に電話をすると明らかに嫌悪感を感じさせる対応を受けることがあります。
もちろん、営業時間は忙しいと思います。
時間が惜しいからそのような対応をすると思いますが、イライラしながら対応しても笑顔で対応しても、そこにかかる時間はそれほど変わらないのではないでしょうか?
また、このような対応をするのはスタッフさんである場合がほとんどだと思います。
オーナーや店長が気づいているかどうかわりませんが…。

まず最初に必要なのは電話対応の教育

飲食店で団体予約を取る場合、ほとんどの消費者は2~3の候補を探した上で電話をかけているはずです。
そこで嫌な対応をされると、予約が成立することはありません。
それどころか、そのお店に対する印象はかなり悪くなってしまうので、その後半永久的にそのお店に電話をかけることはないでしょう。
それでもお店が繁盛しているのであれば問題はないのですが、そのお店が新規集客に悩んでいるのであれば、まず最初に電話対応の教育を行なうべきでしょう。

電話対応だけで、お店の売上げは大きく変化する!?

どのような業種にも「忙しい時間帯」と「暇な時間帯」があります。
「忙しい時間帯」に電話がかかってくるのは想定内の出来事です。
むしろ、「忙しい時間帯」だからこそ、電話がかかってくる数も増えるはずです。
つまり、「忙しい時間帯」こそが一番重要な時間帯ということです。
ここで良い対応ができるかどうかで、お店の売上げは大きく上下するのは間違いありません。

一方、電話対応が良いお店はどんどん予約が入ります。
繰り返しますが、飲食店で団体予約を取る場合、ほとんどの消費者は2~3の候補を探した上で電話をかけています。
その段階で2~3番目の候補であったお店でも、電話対応が良ければ第1候補に繰り上がる可能性は大です。
電話対応だけで、お店の売上げは大きく変化するのです。

電話受付は何よりも大切な最後の工程

そもそも、なぜ広告をするのでしょうか?
その答えは簡単です。
飲食店の場合は「来店」または「電話予約」をしてもらうためです。
折込チラシにしてもぐるなびにしても、高いお金をかけて広告を出稿したのに、最後の電話対応で悪い印象を与えるのであれば、広告をする意味がありません。
わざわざ高いお金をかけて悪い印象を広めているようなものです。
広告や看板にお金をかけるのであれば、社員教育にもお金をかけて、電話対応の品質を上げるべきです。
なぜなら、電話受付は広告の最終段階だから。
営業マンであれば契約書を書いてもらうシーンです。
つまり、電話受付は何よりも大切な最後の工程なのです。
最後までしっかり新規集客しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。