工場見学で新規集客!

工場見学すると売上げが上がる!?

私はサラリーマン時代に印刷会社の営業マンをしていました。
その会社では、クライアント担当者をなるべく会社に来てもらうことを促進していました。
もちろん、通常の打ち合わせは営業マン(私)が出向きますが、特に新しい取引先などは一度必ず会社に来てもらうようにしていました。
そして、会社内にある工場を見学してもらうのです。
上司からのこの指示に対して、当時まだ若かった私は「工場見学させることに何の意味があるのだろう?」と思っていましたが、クライアント担当者を招いて工場見学した後には必ず売上げが上がることに気づきました。
…そう。工場見学をすることで、クライアントは私の会社に対して大きな信頼感を感じるようです。
また、普段は面会することがない上司や社長と接することで会社のファンになります。
だから、売上げが上がるのです。

私が住む地域にはビール大手のアサヒビールの工場があります。
過去、何度かその工場を見学したことがありますが、工場を見学すると、なぜかアサヒビールのファンになっている自分に気づきます。
例えば、居酒屋でビールを注文するとき、店員が「アサヒにしますか?それともキリンにしますか?」と尋ねられたら、迷わず「アサヒでお願いします」と答えてしまいます。
アサヒビールの工場を見学することで信頼感と親近感が促進され、ついそのように答えてしまうのです。

実は「工場見学」は大人気!

そこで、あなたの会社・お店にも「工場」がある場合は、積極的に工場見学を企画してください。
例えば、クリーニング店の場合は、いつもご愛顧いただいているお客様を工場見学に招待する企画です。
さらに、新規客に対しても「工場見学」企画をつくり、それをチラシなどで告知しましょう。
「お店に来てください」といってもなかなか来てもらえませんが、「工場見学ツアー」を告知すれば、ヒットする可能性は高いと思われます。
なぜなら、工場見学は一般消費者にとっても歓迎すべき企画だからです。
消費者は工場見学が大好きなんですね。
特に小さいお子様を持つ親は社会勉強のために積極的に参加してくれます。
最近は工場見学の人気が高まり、なかなか予約が取れない工場もあるほどです。

しっかり接客しよう!

美容室や飲食店など、工場がない業種でも応用することができます。
例えば、美容室の場合は薬剤を製造しているメーカーの工場に招待したり、飲食店の場合は野菜の仕入れ先の農家を見学するなど、工夫すればいろんなアイデアが出てきます。
(このような企画はメーカーや仕入れ先も歓迎してくれるはずです。企画を行なうことで、その後の納入量が増える可能性が大きいですからね)
もちろん、既存客や新規客を招いて工場見学する間はしっかりと接客しましょう。
生産ラインの説明や工場長からの挨拶など、工場見学に来たお客様を丁重に扱ってください。
さらに、工場見学した後には食事会お土産などを用意すると効果的です。
工場を出た頃にはすっかりあなたの会社・お店のファンになっているはずです。
工場見学で新規集客してみませんか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。