来客が集中したときの対応

来客が集中し、お客様をお断りしなければならない…

新しいお客様は欲しいけれど、来店する時間が集中してしまい、一部のお客様をお断りしなければならないことはありませんか?
特に居酒屋などは夜7~8時に来客が集中しがちですし、席数に限りがあるので、そのような状況に陥ることは珍しくありません。
また、年末などの繁忙期に広告を打つと、お断りする可能性が高まります。
せっかく高いお金を使って広告を打ったのに、お断りするのはとてももったいない話ですよね。
ここで来店してくれたお客様を取り込むことができれば、新規集客率もかなり高まるのですが…。

お断りしたお客様に再来店してもらう方法

そこで、この困った問題を解決するために、一部のお店では「次回来店時に使用できるクーポン券」をプレゼントしています。
「今回は入れなかったけれど、別の機会にまたご来店くださいね」という意思表示です。
また、「夜10時以降は空いてくると思います」と言い、2次会での利用に誘引するお店もあります。
せっかく来店してくれた新規客ですから、最低限このくらいの工夫をすることで、新規集客率を上げたいものです。

ここで注目すべきポイントがあります。
それは、お客様の心情です。
「わざわざお店に行ったのに入れない」この事実に対して、お客様はどのように感じているのでしょうか?
少なからず残念な気持ちが芽生えるのは間違いありません。
そのようなお客様に対して「次回来店時に使用できるクーポン券」を手渡すことでその問題は解決するのでしょうか?

クーポン券よりも「思い」を伝えよう

そこで、ある人気飲食店では手書きのメッセージカードを手渡しています。
そのメッセージカードには、お店に入れなかったことに対するお詫びわざわざご来店いただいたことに対する感謝の気持ちが綴られています。
もちろん、メッセージカードを手渡す際は深々と頭を下げてお礼を言います。
そこにはクーポン券などの物理的なものはありません。
ただひたすらに「思い」を伝えるのです。
すると、この一連のやりとりでお店のファンになる人が多いそうです。
お店の中にさえ入っていないのに、そのお店のメニューを食べたわけでもないのにファンになる人がいるのです。
このお店では、メッセージカードを手渡すようになってから、新規集客率が大幅に上がったそうです。

感謝の気持ちを持ち続けているお店は繁盛し続けている

短時間でもお店の外に行列ができると、「うちのお店は繁盛店だ!」と言わんばかりに横柄な態度でお客様を断るお店もあります。
一方、常時行列ができるお店でも、列をつくっているお客様に対して感謝の気持ちを持ち続けているお店は繁盛し続けています。
人は感情で動きます。
あなたのお店のことを「好き」と感じてもらうことができれば、お客様は必ず帰ってきてくれます。
結局、商売は「人」なんですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。