小冊子で新規集客!

チラシは読まれない!?

いくらチラシを配ってもなかなか読んでもらえません。
なぜだと思いますか?
実は、その原因はチラシという形状にあります。
一般消費者は「チラシ=読むもの」とは思っていません。
チラシと見るときの感情は「お得な情報はないかな?」です。
そもそもチラシは「お得な情報を得るためのもの」であり、「読む」姿勢で見ていないのです。
そこでおすすめの方法があります。
それは、あなたが情報発信したい商品・サービスの情報を「小冊子」の形で配る方法です。

6冊の書籍を出版した私の体験談

私はこれまでに6冊の書籍を出版していますが、本を読んだ読者さんが私の会社のホームページを訪れ、そのままお客様になるパターンが少なくありません。
「本」の最大の目的は読者に有益な情報をお届けすることであり、自社商品やサービスの告知ではありません。
それにも関わらず、本を読んだ読者の一定割合の方がお客様になってくれるのです。
しかし、よく考えてみると、これは当然の流れかもしれません。
読者は約200ページ分もの文章を読むわけですから、読み終わった頃には私(米満)に対する信頼感が大幅に高まっています。
しかも、著者である米満の会社のホームページには様々な販促サービスが掲載されています。
そのまま「申し込み」や「資料請求」に至るのは当たり前の流れなのかもしれません。

「小冊子」の形にするだけで精読率が上がる!

そこで、あなたの商品やサービスの魅力を小冊子で情報発信してみてください。
冒頭でもお話ししましたが、「チラシ=お得な情報を得るためのもの」ですが、小冊子は「読むツール」として受け取られます。
チラシと小冊子に書かれている文章が全く同じでも、形状を変えるだけで精読率が大幅に異なるのです。
本や小冊子の形をしているだけで、消費者は読んでくれるようになります。
つまり、あなたの商品・サービスの魅力を伝えやすくなるということ。
これが小冊子の力です。

一般的な書籍のように200ページもの文量を書く必要はありません。
30ページくらいが読みやすいと思います。

小冊子の理想的な構成は…?

ただし、注意点もあります。
小冊子の目的は書籍と同様、読者さんに有益な情報を提供することですから、30ページの文章全てを「宣伝」にしてはいけません。
宣伝ばかりの文章が続くと、読者は途中で読むことを止めてしまいます。
「結局、宣伝のための本か…」と感じますからね。

理想的な構成は、まず最初に問題提起を行ない、その解決方法を書きます。
あなたの商品・サービスがなくても読者が自力で解決できる方法です。
このような情報をあれば、読者は「この本はとても役に立つ本だ!」と感じてくれるようになり、あなた(の会社)に対して大きな信頼感を抱きます。
そして、後半の2~3割くらいであなたの商品・サービスの説明を行ないましょう。
「前半では読者が自力で解決できる方法を紹介しましたが、それでも解決できない場合はプロである私の商品・サービスをご利用くださいね」というスタンスです。
前半部分で信頼感を得ていますから、一定割合の読者さんがスムーズな形であなたの商品・サービスに興味を持ってもらえるはずです。

まとめ

全体の流れをまとめると…
①問題提起
②解決方法の提示(読者が自力で出来る方法)←ここで「信頼感」を獲得します!
③あなたの商品・サービスの案内
この流れがスムーズにいくと、チラシよりも格段に新規集客しやすくなります。
また、最近は小冊子の印刷代金もかなり安くなっていますから、チラシで効果が得られない場合はおすすめの方法です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。