消費者の「買う気」を高める言葉(キーワード)で新規集客!

消費者の「買う気」を高める言葉(キーワード)を活用しよう

広告には消費者の「買う気」を高める言葉(キーワード)がいくつかあります。
例えば、「卸売り価格」という言葉を聞く(見る)と、かなりお得な価格であることをイメージします。
卸売り価格 …つまり、販売店に卸すときの価格なので、一般消費者にとってはかなりお得な価格に設定されていることを意味するからです。
同様に、「○○放題」も言葉自体に大きな力が秘められています。
最もポピュラーな使い方としては、飲食店の「食べ放題・飲み放題」があります。
時間内であれば、いくら食べてもいくら飲んでも価格は同じという企画です。
他の人よりも食べる(飲む)量が多い人にとってはかなりお得に飲食できるわけです。

いろんな業種で活用できる「○○放題」

もちろん、この「○○放題」は飲食店に限ったものではありません。
例えば、スーパーなどでは「玉ねぎの詰め放題」などの企画が考えられます。
既定のビニール袋の中にできるだけ多くの玉ねぎを詰める企画です。
このような企画は「お得感」と共に「楽しさ」が感じられるため、お客様は喜んで企画に参加してくれます。
また、DVDレンタル店やネイルサロンなどでは月額会員を募って「会員になればDVD借り放題」「ネイルし放題」などの企画も考えられます。
…このように、「○○放題」企画は「食べる(飲む)・買う・借りる・サービスを受ける」というふうに、様々な商品・サービスで企画することができるのです。

消費者が来店(または購入)を決断するための判断基準とは…?

消費者が広告を見たときに来店(または購入)を決断するためには2つの判断基準があります。
1つは商品の魅力です。
その商品が魅力的であるかどうか、という視点です。
そして、もう1つは販売者に対する信頼感です。
販売している人(または会社)が信頼できるかどうか、という視点です。
この2つのポイントが合格に達したときに初めて来店(または購入)を決断してくれます。
「とても魅力的な商品だけど全く知らないお店」や「いつも利用しているお店だけど魅力的ではない商品」はなかなか購入に至りません。
あなたのお店はこの2つの判断基準が満たされていますか?
きっと、世の中のほとんどの中小企業は後者(信頼感)が満たされていないはずです。
「販売する人(会社)に対する信頼感」が欠けているのです。
だから、なかなか広告の反応率が上がらないのです。
(中小企業は大企業に比べてネームバリューがないので仕方ない話ではありますが…)

しかし、これをクリアする方法があります。
それこそが、消費者の「買う気」を高める言葉(キーワード)の活用です。
「卸売り価格」や「○○放題」のような言葉そのものに力があるワードを使えば、会社名が無名でもたくさんのお客様が来てくれる可能性が高まります。
「販売者の信頼感」よりも「企画の魅力」が上回るからです。

広告の反応率が低い場合は是非試してみてください。
今まで以上の反応が出るのは間違いありませんよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。