まず最初に「購入しやすい商品」を用意して新規集客!

高級布団を次々に販売する方法

「布団のクリーニングを500円で承っております」
いきなりこのような電話がかかってきたら、どのように感じますか?
まあ、売り込みの勧誘電話は一般家庭においても日常茶飯事なので無視する人も多いと思いますが、この勧誘セールスは大成功したそうです。
なにせ、布団のクリーニングが500円ですから、かなり安い!
つい依頼してしまう主婦が続出したそうです。

そして、話はここで終わりません。
数日後、クリーニングを依頼したお客様の元に店員が現れ、布団を手にした瞬間にこう言います。
「この布団はかなり傷んでますね~。かなりホコリも出ているので、旦那さまやお子様の健康を害する危険性があります。…実は今、おすすめの布団があるのですが…」
このようなトークで高級布団を販売するビジネスなのです。
かつて、この手法で高級布団を次々に販売している会社がありました。

販売の流れは見事です!

このビジネスはあまり健全なビジネスとはいえませんが(笑)、全体の販売の流れはとてもうまく出来ていますよね。
最初から高級布団を販売する電話だとほとんどの人が話を聞いてくれませんが、最初の入り口を「布団のクリーニング500円」にすることで、最初の購入障壁をクリアしているのです。
まず最初に低価格で魅力的なサービスを用意することで、お客様に「お願いします」と言わせます。
この時点でお客様はこの会社を信頼します。
信頼した上で実際に会い、さらに魅力的な商品(高級布団)を提案されると、「買います」と言う人が増えるのは当然です。
繰り返しますが、このビジネスは健全とはいえませんが、販売の流れ(「購入しやすい商品」から「高額商品」へ誘導していく流れ)は参考になりそうですね。

「購入」に至るまでのプロセスを「階段」でイメージする

あなたの会社・お店でも是非「購入しやすい商品」を用意してください。
特に、本来売りたい商品が高額である場合、いきなり販売してもなかなか売れませんが、まず最初に「購入しやすい商品」を用意すると、そこで信頼関係が構築されます。
この信頼関係を利用して本商品(高額商品)を売る流れです。

特に高額商品の場合は、「購入」に至るまでのプロセスを「階段」でイメージすると理解しやすくなります。
高額商品はかなり高い階段ですから、なかなか昇ることができませんが、いくつかの「購入しやすい商品」を用意すると、お客様は抵抗感なく階段を上っていただけるようになります。
是非お試しください。

※ただし、今回の事例をそのままぱくったりしないでくださいね(笑)。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。