新規集客する前に明確にすべきこと

実は「新規集客しなければならない人数」はそれほど多くない…?

新規集客をする場合、最初に設定(理解)すべき数値があります。
それは、新規集客しなければならない人数。
例えば、スポーツジムの場合、まず最初に毎月の売上げ目標を明確にしましょう。
月500万円の売上げ目標があり、平均の客単価が1万円である場合、つい「500人の新会員が必要だ!」と考える経営者が少なくありません。
もちろん、オープン時にはこの考えは正しいのですが、既に長年経営を行なっており長年通い続けてくれる会員が450人いる場合、本当に新規集客すべき人数は50人でいいわけです(よね?)。
今現在450人の会員がいて、さらに新会員が500人押し寄せたらトータルで950人になり、ジムには入り切れません。
しっかりとした経営とサービスを提供してれば、ほとんどの会社・お店にはファン客がいるわけで、これを差し引いて考えると「新規集客しなければならない人数」はそれほど多くないことに気づきます。
「新規集客しなければならない人数」はそれほど多くないということは、新規集客において過剰なサービス提供は必要ないということです。

目標数値が明確になるとその目標を達成するための方法が明確になる

もし、あなたが親の会社を引き継ぐ場合、実はその会社には10億円の借金があることがわかりました。
あなたはどのようにして10億円の借金を返済しますか?
10億円は普通に働いていても返済できる金額ではありません。
10億円を返済するためには普通ではない発想が必要です。
例えば、さらに5億円借りてホテルを建設し、そこから借金を返済していくなど、根本的に大掛かりなことをしないと10億円の返済は難しいでしょう。
一方、家族が100万円の借金をした場合はどうですか?
毎月の無駄遣いをやめて毎月5万円ずつ返済してもいいし、一定期間アルバイトをして返済する方法もあります。
100万円の返済のためにホテルを建設するという発想は出てきませんよね。
…このように、目標数値が明確になるとその目標を達成するための方法が明確になります。

新規集客でも同じです。
500人集客しなければならないのであればある程度大掛かりな販売促進を行なわなければいけませんが、50人程度の集客であればそれほど過剰な販売促進をする必要はありません。
たった50人程度の集客であれば、毎月通っている450人のお客様に対して「紹介キャンペーン」を行なえばあっという間に50人集まるかもしれません。
「450人もの会員さんが毎月通っていただいている」という事実をチラシなどで淡々と打ち出せば、そこに魅力を感じて初来店してくれるかもしれません。
実は、ほとんどの会社・お店では新規客はそれほど必要ないのです。
長年、経営をしているということは、あなたの会社・お店には既に一定割合のファン客が存在しているということですからね。

だからこそ、「新規集客しなければならない人数」を明確にして、これを達成する方法を考えましょう。
少数の新規集客はそんなに難しいことではありません。

本当に新規集客をするべき?

また、本当に新規集客をするべきなのか? についてもしっかり考えるようにしてください。
あなたの最終目標は何ですか?
それは「客数」ではなく「売上げ(利益)」ではないですか?
それならば、先ほどの平均客単価1万円のスポーツジムの場合、単価を1,100円値上げすれば500万円を達成します。
50人の新規集客さえ必要ないのです。
あるレストランでは一般的な経営スタイルではなかなか利益が得られないことに気づき、1日2組しかお客様をとらないスタイルに変えました。
昼に1組、夜に1組です。
もちろん、丁寧な接客を行なう高級レストランへの変貌です。
そうすることで、以前よりも少ないスタッフ数で経営できるようになり、利益額も大幅に上がったそうです。

…このように、経営における真の目標を明確にすれば、そこからやるべきことが見えてきます。
やみくもに新規集客するのではなく、まず最初に目標を明確にしましょう。
それが全てのスタートです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。