「顧客ターゲット」を明確にして新規集客!

「顧客ターゲット」を明確にすれば広告の反応が上がる!?

あなたの会社・お店では顧客ターゲットを明確にしていますか?
例えば、美容室の場合は、「20~30歳代の若い女性」や「ファミリー客」などのように、経営者であるあなたが一番欲しい理想の客層を明確にすることです。
実は、「顧客ターゲットを明確にすること」は販売促進を行なう上でとても重要なことなのです。
例えば、顧客ターゲットを「20歳代の女性」というふうに明確にした場合、広告は20歳代の女性が好むデザインにすれば反応が上がります。
お店の内装も20歳代の女性が好む形にすれば居心地が良くなります。
提供する商品・サービスも20歳代の女性が好むものを選べば購入してもらいやすくなります。
…このように、顧客ターゲットを明確にすればするほど、そのターゲットに合った年代のお客様が反応しやすくなるのです。

また、顧客ターゲットを「20歳代の女性」と決めれば、10歳代後半の女性や30歳代前半の女性も反応してくれるようになります。
10歳代後半の女性は「早く大人の女性になりたい」と思いますし、30歳代前半の女性は「私はまだまだ若いから」と思っているからです。

「私のお店は老若男女誰でも来店してほしい」は危険です!

逆に、顧客ターゲットを明確にしていないお店はどうでしょう?
顧客ターゲットを定めず、「私のお店は老若男女誰でも来店してほしい」という声を時々聞くことがありますが、この考え方はかなり危険です。
「誰でもOK」というお店は、結果的に誰にも響かないからです。
若い女性は「このお店は高齢の女性のお店だろう」と感じて敬遠しますし、恒例の女性は「このお店は若い女性のお店だろう」と感じて敬遠します。
ちなみに、街中で「君!」と声をかけても誰も振り向きませんが、「メガネをかけた君!」と声をかけるとメガネをかけた人が振り向きます。
「君!」には具体的なものが何もないから反応しませんが、「メガネをかけた君!」には「メガネ」という具体的なワードがあるので反応しやすくなるのです。
広告も同じです。

「顧客ターゲットを明確にすること」は経営をする上で一番重要なこと

もちろん、顧客ターゲットを「20歳代の女性」と決めたとしても、そのことをお客様に言う必要はありません。
また、顧客ターゲットが「20歳代の女性」のお店に40歳代の女性が来店しても入店拒否する必要はありません(笑)。
顧客ターゲットはあくまでもお店側で明確にすればいいのです。

「顧客ターゲットを明確にすること」は販売促進を行なう上でとても重要なことです。
逆にいうと、顧客ターゲットが明確にならないと、広告デザインが決まりません。
お店の内装も決まりません。
どのような商品を仕入れればいいのかもわかりません。
「顧客ターゲットを明確にすること」は販売促進 …というよりも、会社を経営する上でまず最初に明確にしなければならない重要事項なのです。

もし、あなたの会社・お店で「顧客ターゲット」が明確になっていない場合は今すぐ決めるようにしてください。
ここが明確になればなるほど広告の反応は高まっていき、新規集客がやりやすくなりますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。