「100円で新鮮野菜取り放題」で新規集客!

イベントに地域の主婦が殺到!

あるカーディーラーの成功事例を紹介します。
その会社では、女性向けの軽自動車新発売キャンペーンを企画しました。
一般的な企画としては「試乗会」や「来場者へのプレゼント企画」などが考えられますが、このような一般的な企画ではなかなか集客できません。
そこで、思い切って、商品(車)とは全く関係ない企画を行なうことにしました。
「100円で新鮮野菜取り放題」というイベントです。
会場には新鮮野菜を山積みにし、野菜を取るためのバケツを100個用意。
先着100名に限定して新聞折込チラシでイベントを告知しました。
すると、イベントに参加したいという地域の主婦が殺到!
あっという間に100名に達してしまいました。
試乗会などの一般的な企画では100名もの方に来場してもらうのは至難の業ですが、ターゲット層である主婦が喜ぶ企画を行なうことで短時間で定員に達してしまったのです。

イベント成功の理由は、お客様が野菜を購入した「後」にあった!

「…しかし、100名を来場させることは成功したかもしれませんが、車は売れたのですか?」という疑問を抱いた方も多いでしょう。
結論からいうと、かなり売れました!
その理由は、お客様が野菜を購入した「後」にあります。
「100円で新鮮野菜取り放題」イベントは平日の昼間に行なったところ、来場したほとんどの人が歩いてきました。
(家の車は旦那が仕事で乗っていっているので歩いてくるしかないのです)
しかし、手には野菜がいっぱい!
そこでカーディーラーの営業マンが「よろしければ車でご自宅までお送りしますよ」と声をかけていきます。
そこで実際に試乗してもらう作戦です。
車の中でお客様とコミュニケーションを取り、実際に車に乗ってもらうことで車の魅力を伝えることができました。
100円で大量の野菜を購入できた上に車で送迎までしてくれたことに感動する人も多かったそうです。
車を購入する人が増えたのは当然といえるでしょう。

企画を行なう場合はゴールを明確に

…このように、企画を考えるときは全体の流れを考えながら構築するようにしましょう。
「たくさんの人を集めること」だけを目的にするのではなく、集めた人をどのような方法で「お客様」にするかが重要です。
もちろん、必ずしもイベント当日に成約する必要はありません。
イベントできっかけを作り、その後DMなどでフォローしていく流れもありでしょう。
いずれにしてもゴールは成約です。
お客様に何かを購入していただかなければイベントをする意味がありません。

企画を行なう場合はゴールを明確に。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。