大規模イベントと小規模イベントを使い分ける

小規模イベントは大規模イベントを成功させるために行なう

キャンペーンやイベントを行なう際、ぜひ意識してほしいことがあります。
それは、大規模イベントと小規模イベントを使い分けるという考え方です。

年2回大規模イベントを行なう場合、さらに4回の小規模イベントを企画します。
大きな売上げを上げるのは大規模イベントで、小規模イベントは大規模イベントを成功させるために行なうのです。

私(米満)の集客法

私の場合は年20回くらい無料(または低価格)セミナーを行なっています。
そして、年2回くらい高額セミナーを行ないます。
すると、高額セミナーに参加するほとんどの人が過去に無料セミナーに参加した人であることに気づきます。
なぜ、そのような状況が生まれると思いますか?
年2回の高額セミナーに参加する人の流れを具体的に説明しましょう。

無料(または低価格)セミナーで「米満」の存在を知る

米満のセミナーを受講することで一定割合の人がメルマガに登録する

メルマガで高額セミナーの情報を知る

無料セミナーに参加し満足した人の中の一定割合の人が高額セミナーに申し込む

もうおわかりだと思いますが、無料セミナーに参加した中の一定割合の人が「米満ファン」になってくれ、その後高額セミナーに参加してくれるのです。
つまり、無料セミナーが高額セミナーの集客の役割を担っているということです。
私ほどの知名度の人間がいきなり高額セミナーを開催してもなかなか集客できませんが、「無料セミナー」という種まきをすることで、高額セミナーを成功させることができるようになるのです。
これと同じ考え方でイベントを開催すれば、大規模イベントも格段に成功しやすくなります。

「小規模イベントでファン客を増やし、大規模イベントを成功させる」

企業や店舗のイベントの場合は、まず小規模イベントを行なうことでお客様とコミュニケーションを取りましょう。
直接会って話をすれば仲良くなることができます。
これを2~3回繰り返した上で大規模イベントを行ないましょう。
いきなり大規模イベントを開催するよりも、格段に集客しやすくなります。

「小規模イベントでファン客を増やし、大規模イベントを成功させる」
これを行なう場合に重要な考え方があります。
それは、全体で利益を得るという考え方です。
小規模イベントでは利益を求めず、とにかくお客様の満足度を究極まで高めるようにしましょう。
ここで満足度が高まれば高まるほど、その後に行なう大規模イベントが成功しやすくなります。
そして、大規模イベントで一気に売上げ&利益を得る流れです。
是非お試しください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。