「VIP会員の特典」を「体験」させて新規集客

「VIP会員の特典」はお友達1名まで使用可能!

あなたのお店には「会員システム」がありますか?
会員システムがあれば、これを利用して新規客を集めることができます。
方法は簡単です。

まず、会員の種類を2~3種類に分けて、「一般会員・S会員・VIP会員」というふうに命名してください。
「S会員」には「一般会員」以上の特典を与え、「VIP会員」には「S会員」以上の特典を与えます。
そして、「S会員」や「VIP会員」が特典を使う際、「お友達1名まで使用可能」とします。

飲食店でお客様が「生ビール」を注文した場合、同じ値段で「一般会員=中ジョッキ・S会員=大ジョッキ・VIP会員=特大ジョッキ」で出すわけです。
例えば、2人組のお客様(A君とB君)の中のA君が「VIP会員」の場合、B君の生ビールも特大ジョッキにしてあげるのです。
すると、B君は驚きます。
そして、こう感じるはずです。
「このお店の会員になれば、同じ料金で特大ジョッキになるのか!私も会員になりたい!!!
これで新規客を1名獲得です。

この企画は「生ビール」でも活用できます。
例えば、レストランの場合、会員には「食事の後にデザートを無料で食べられる権利」を付与するなど、いろいろな商品で応用することができます。

「VIP会員の特典」をなるべく豪華にしよう

次に、この企画の重要な点を説明しましょう。
この企画の最大のポイントは「VIP会員の特典」を体験してもらうことにあります。
だから、「VIP会員の特典」をなるべく豪華にしてください。
特典が豪華であればあるほど、同伴したお客様が「うらやましい!」と感じてくれますから、どんどん会員が増えるし、クチコミも生まれます。
また、会員の種類は必ずしも3種類である必要はありません。
1~2種類でも構いませんが、3種類以上のほうが「ランクアップする楽しみ」があるので、よりお店に定着しやすくなるはずです。
「お友達1名まで使用可能」の部分も「3名まで」としてもいいですし、「お友達全員」としても構いません。
あなたのお店で自由に設定してください。

VIP会員の来店頻度も上がる!?

また、この企画を導入すると、VIP会員の人がお友達や会社の同僚を連れて来店する機会が増えます。
なぜならば、優越感に浸りたいから。
他のお客様は中ジョッキの中、VIP会員だけに特大ジョッキが運ばれてきたら、周りが驚きます。
「おー!すごい!!!」
このひと言が優越感を感じさせてくれるから、来店頻度が高まるのは当然なのです。

お友達や会社の同僚など複数人で来店するお店ではかなり有効な新規集客法なので、是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。