「変なシステム」があれば改善しよう!

変なシステム

先日、自宅近くの長崎ちゃんぽんに行きました。
そのお店では前払い制が採用されていたのですが、これがなんとも変なシステムだったので紹介します。
まず、お店に入ると席に案内されます。
そして、席でメニュー表を見て注文する商品が決まったら、清算レジに行って食券を購入。
その券を持って再び席に着くと店員がやってきて注文を確認、その後商品が運ばれてきました。
う~~~ん、なんだか複雑~~~(笑)!

一般的な「前払い制」の場合は、お店の入り口付近に券売機があり、そこで支払いを済ませて席に着きますが、このお店では席に着いた後に食券を購入し再び席に着くという非常に煩わしい工程を踏まなければいけなかったのです。
食券を買った後に店員がやってきて注文を取るのであれば、「前払い制」にする必要はないのでは?
複雑なシステムを完全理解できないまま店をあとにしました…。

「前払い制」と「後払い制」のメリットとデメリット

ここで、「前払い制」と「後払い制」の特徴をまとめてみます。
「前払い制」は先にお金を払うので、食い逃げの危険性がありません。
また、券売機の場合はお店のスタッフによる現金横領の心配もありません。
さらに、「注文を取る・清算する」という工程が省かれるので、スムーズな業務が実現します。
これらが「前払い制」の代表的なメリットですが、デメリットもあります。
食事が終わった後に店員との接触(レジでの清算)がないため、お客様の退店に気づかず、「ありがとうございました!」というお礼を言い逃すデメリットもあります。
ちなみに、牛丼の吉野家では「清算時のお客様とのコミュニケーション」を大切にしたいという考えから、券売機は導入していないそうです。

「変なシステム」を改善する方法

…このように、「前払い制」「後払い制」それぞれにメリットとデメリットがあるわけですが、先日私が行った長崎ちゃんぽんは「前払い制」と「後払い制」のメリットが生かされていないように感じました。
理想の形としては、食い逃げを防止しつつ、お客様とのコミュニケーションも取ることを狙ったのかもしれませんが、注文するまでの工程が
「席に着く→メニューを決める→レジでお金を支払う→席に着く→店員にオーダーする」
と複雑過ぎです(笑)。

基本的に長崎ちゃんぽんは大好きなお店なので、いろいろと試行錯誤している段階であることは理解できましたが、もしあなたのお店の中に「変なシステム」があれば見直すことをおすすめします。
その方法は、スタッフの1人がお客様役になって実際に買い物をしてみるといいでしょう。
「変なシステム」があればすぐに気づくはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。