「チラシ同封サービス」で新規集客!

経営者団体の「チラシ同封サービス」

私は同友会という経営者団体に所属しています。
最初は知人に半強制的に連れられ(笑)そのまま入会することになったのですが、私が所属する支部は勉強熱心な方が多く、今では会合に参加することが楽しみの1つとなっています。
この同友会の主な目的は「経営の勉強」ですが、いろいろな部分で経営支援サービスもあります。
その1つが、毎月送られてくる会報の中にチラシを同封するサービス。
約300社に送る会報の中に5,000円でチラシを同封することができます。
主に、士業の方の勉強会(セミナー)の案内や飲食店のチラシなどが同封されることが多い印象ですね。

ちなみに、300社にDMを送る場合はメール便1通の送料を80円とすると24,000円かかります。
これが5,000円で送ることができるわけですから、かなり費用対効果が高いサービスといえますね。
(商工会議所でも同様のサービスを行なっています)

顧客ターゲットが経営者(または法人)の場合や客単価が高い業種では、1回のサービス利用で黒字化できる可能性は高いと思います。
例えば、飲食店が「企業の宴会」を告知した場合、1組でも集客できれば十分黒字化できますよね。

大企業が行なう「チラシ同封サービス」のメリット

このように、実は世の中には様々な「チラシ同封サービス」があるのです。
代表的なところでは、ニッセンやamazonなどの大手通販サイトでも「チラシ同封サービス」を行なっています。
これら通販サイトが行なう「チラシ同封サービス」のメリットは、送るターゲットが明確になっている点が挙げられます。
例えば、ニッセンは20~40歳代の女性を中心としたファミリー層に届けることができますし、amazonは高学歴、高収入世帯が多いのが特徴です。
「チラシ同封サービス」を行なっている通販サイトの客層とあなたの会社の客層が一致する場合は、費用対効果が高い広告戦略を行なうことができる可能性は高いでしょう。
また、無名の会社からいきなりDMが届くよりも、ニッセンやamazonなど知名度がある会社から送られるほうが信頼感が高まるメリットもあります。

チラシの配布方法は、新聞折込・ポスティングだけではありません。
経営者団体や通販サイトなどが行なっている「チラシ同封サービス」を活用して新規集客しませんか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。