「新規集客するための行動」を増やせば新規客は必ず増える!

新規集客の成否は行動量に比例する

「新規客を増やしたい!」と思っている方にとって、とても大切な考え方があります。
それは、新規集客するための行動量を増やすということ。
例えば、新規集客するための企画のアイデアを考えたり、1枚でも多くのチラシをポスティングするなど。
ここで質問です。
チラシを10枚ポスティングするのと、チラシを1万枚ポスティングするのとではどちらのほうが集客できると思いますか?
正解は「1万枚」ですね。
子供でもわかります。
また、1回来店したお客様にお礼状を書くと、再来店客が増えます。
1日1枚なら1年で365枚ですが、1日10枚書けば3,000枚以上書くことができます。
1年に3,000枚以上のお礼状を書けば再来店客が増えるのは当然ですよね。
…このように、新規集客の成否は行動量に比例するのです。

新規集客に貢献しない業務は短縮する

私の経験上、新規集客に悩む多くの方が、新規集客するための行動量が少ないですね。
会社(店舗)を経営していると毎日いろいろな仕事が生じます。
仕入れ先との商談や、スタッフとの面接、税理士さんとの打ち合わせなどなど。
でも、それらの仕事は直接新規集客に貢献しません。
もちろん、仕入れ先や税理士さんとの打ち合わせも大切な仕事ではありますが、それらの業務はなるべく短時間で済ませるようにしてください。
そして、新規集客するための行動量を増やしてください。
そうすれば必ず新規客が増えて売上げが上がっていきます。

スポンサードリンク

先にスケジュール化する

新規集客するための行動量を増やすために、おすすめの方法があります。
例えば、居酒屋を経営している場合は、お昼12時くらいに出社してそこから仕込みをしながら仕入れ先や税理士と打ち合わせを行ないます。
そして、夜6時くらいにお店を開けてそこからお店の運営が始まります。
まずは、この一連の流れを図式化してください。
そして、例えば15:00~16:30の1時間30分は必ず「新規集客するための行動」にあてるのです。
そう。「新規集客するための行動」を先にスケジュール化するのです。

仕入先や税理士さんとの打ち合わせは先方から「○月○日の午後3時に伺います」という連絡が入りますよね。
すると、これが優先されてしまい、結果的に「新規集客するための行動」ができなくなってしまいます。
人には先に入ったスケジュールを優先する性質がありますから、「新規集客するための行動」を先にスケジュール化してしまうのです。
そして、余った時間で仕入先や税理士さんと打ち合わせをしてください。
そうなると時間が足りなくなりますから、税理士さんとの打ち合わせは短縮しなければいけません。
それでOKです。

とにかく「新規集客するための行動」を増やせば増やすほど新規客は増えます。
間違いありません。
これを意識して、毎日効率的に仕事をしていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。