eギフトで新規集客!

eギフトをご存じですか?

お中元やお歳暮などのギフトでは贈り物選びに困る人が少なくありません。
そもそも相手の好みがわからなかったり、サイズがあるものは避けたりと、贈り物選びで悩む人が少なくありません。
そこでおすすめするのが「eギフト」です。
eギフト …少し聞き慣れない言葉かもしれませんが、インターネット上の商品券のようなものです。
実は、eギフトは新規集客にも貢献するのです。

とても便利なeギフト

eギフトの仕組みはこうです。
ギフトを贈りたい人が、インターネット上でeギフトを購入します。
デパートなどで販売されている商品券同様、1万円や2万円といった単位で選ぶことができます。
そして、購入したeギフトを贈りたい相手にメールで送ります。
すると、受け取った人は、eギフトをスマホの画面に表示して、いろいろな買い物をすることができます。
一般の商品券との違いは、贈る相手の住所などがわからなくても贈れる点です。
わざわざ宅配便などで送る必要もありませんから、今ギフトでeギフトを選ぶ人が増えています。

eギフトを介して新規客が現れる!?

そこで、是非あなたのお店でもeギフトを導入してください。
eギフトを導入して、いつもご来店いただいている既存のお客様に「お中元やお歳暮でeギフトを贈ってみませんか?」とPRするのです。
すると、一定割合の既存客がeギフトを購入してくれるでしょう。
そこで購入したeギフトは「既存客の知人」に贈られるわけですから、ここで新規のお客様が来店する流れができるのです。
はっきりいって、売上げを上げながら新規客を獲得できる理想的な新規集客法といえるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

eギフトで現れた新規客は紹介客と同じ優位性がある

eギフトがきっかけで初来店したお客様は、そもそも既存客の知人なので、例えば「鈴木さまにはいつも大変お世話になってるんですよ~」というふうに、共通の話題で盛り上がることができます。
また、あなたのお店は「いつも知人が利用しているお店」なので最初から信頼感もあるので、高い確率でリピート化してくれるようになるでしょう。
まさに、紹介客のような優位性が得られるのです。

世の中のあらゆる商品が電子化されていきます。
ギフト市場も当然eギフトが主流になっていくでしょう。
これを活用して新規集客をすることは今後欠かせない重要な販促手法となるのは間違いありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。