「新規集客の答え」はお客様が持っている!

フリーペーパー広告のデザインは…

フリーペーパーを見ると、いつも気になることがあります。
それは「広告デザイン」がほとんど同じであるということ。
特に美容室やエステサロン業界で顕著ですね。
どの美容室も「髪の毛サラサラのきれいな女性の写真」をメインビジュアルに使用しています。
パッと見た瞬間、全ての広告が同じように見えてしまうのは私だけでしょうか?

…こうなると、フリーペーパーでお店探しをしている人は、「お店の立地(場所)」「割引クーポン券」で判断するしかありません。
「違い」がそこにしかないわけですから当然ですよね。
A店が「20%OFFクーポン券」を提示し、B店が「30%OFFクーポン券」を提示していたら、当然B店に行くことになります。

他店との違いを打ち出すためにお客様に質問

ここに違和感を感じたある美容室経営者は、「髪の毛サラサラのきれいな女性の写真」をやめることにしました。
他店との違いを明確に打ち出そうと考えたのです。
そこで、いつも来店している複数のお客様に質問しました。
「最初に当店に来店したきっかけは何でしたか?」
すると、いろいろな意見が出てきました。
なかでも多かったのが、「県内で唯一、ヘアデザインの専門誌に取り上げられたことがあるという記事を見て」という意見でした。
そのお店では、数年前、ヘアデザインの専門誌に取り上げられたことがあり、そのことを折込チラシに記載したことがあります。
とても小さな文字で。
しかし、この実績は強烈なインパクトを与えていたのです。
そこで、フリーペーパー広告にも「ヘアデザインの専門誌に取り上げられた実績」を掲載したところ、「女性の写真」を使った広告よりも格段に高い反応率を示したそうです。

スポンサードリンク

「新規集客の答え」は… お客様に聞くしかありません。

今回お伝えしたいことは、「業界の専門誌に掲載された実績」は広告効果が高い!ということではありません。
「新規集客の答え」はお客様が持っているということです。

あなたの会社(お店)にはいろいろな魅力があります。
商品・接客・価格・立地などなど。
この中から特に魅力的と思われる要素を選んで広告をつくるわけですが、どの要素に反応して来店したのかはお客様しか知りません。
だから、お客様に対して「なぜ来店したのですか?」と質問すればいいのです。
質問の仕方はアンケートでもいいですし、直接尋ねてもいいでしょう。
そこで得られた答えこそが、お客様にとって最も魅力的だと感じたポイントなのです。
これを知るためにはお客様に聞くしかありません。
そして、ここで得られた「答え」を次の広告に掲載しましょう。
お客様が語った答えですから、広告の反応率が上がるのは当然なのです。

広告を掲載する

お客様に質問する

広告を掲載する

お客様に質問する

これを繰り返すことで、新規集客の成功率は格段に高まっていきますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。