「検索キーワード」で新規集客!

「検索キーワード」をご存知ですか?

yahoo!やGoogleで何かを調べるとき、あなたは「検索キーワード」を入力しますよね。
例えば、福岡市で美味しいパスタ屋さんを調べたい場合は「パスタ屋 福岡市」というふうに検索するはずです。
この「検索キーワード」は検索数を無料で調べることができます。
(「検索キーワード 調査」などで検索してみてください)

そこで、ホームページをつくる際には、検索数が多いキーワードを盛り込んでつくるとアクセス数が増えます。
(ただし、「化粧品」のようにあまりに検索数が多いワードは競合(ライバル)が多いので検索結果の上位に表示されませんので逆効果ですが…)
先に説明したパスタ屋さんの場合は「パスタ屋」や「福岡市」というワードをたくさん盛り込むイメージです。
逆に、ホームページに検索数が少ないワードを盛り込んでも、誰もそのワードで検索しませんからアクセスは伸びません。
…このように、「検索キーワード」はホームページをつくる上でとても重要な役割を果たしてきました。

「検索キーワード」はリアル店舗でも役立つ!?

この「検索キーワード」は、リアル店舗の新規集客にも効果的であることをご存知ですか?
「レンタル商品」を扱うあるお店では、今需要があるレンタル商品を「検索キーワード」で調べて、その商品のラインナップを充実させ、来店客を増やしています。
そのお店では長年ブログもやっており、新しい商品が入荷したら必ずブログでお知らせしています。
もちろん、「地域名」も盛り込みながら記事を書くことで、その地域でその商品をレンタルしたい層にアプローチすることができるのです。
ブログで書く記事は「新しい商品」だけではありません。
例えば、お花見の季節にはバーベキュー台や発電機など、その時期に合ったレンタル商品を集中的に告知していきます。
このような活動でほとんど販促経費ゼロ円で売上げアップを実現しているのです。

消費者の行動パターンを見れば理解できる

「検索キーワード」はインターネットだけで活用するものではなく、リアル店舗でも効果を生み出すことができるんですね。
これは、消費者の行動パターンを見れば理解できます。
特に「レンタル商品」などの場合は、住んでいる地域で借りることが多いので、まずインターネットで検索して地元のリアル店舗に問い合わせる流れです。
入り口はインターネットである場合がほとんどなので、「検索キーワード」が役立つのは当然なのです。

スポンサードリンク

「検索キーワード」は様々な業種で活用できる!

もちろん、「検索キーワード」を有効活用できるのは「レンタル屋さん」だけに限りません。
「今人気の食べ物」の検索数を調べて新メニューとして打ち出せば飲食店でも活用できますし、「体の調子が悪いこと」を調べてその問題を解決する情報を発信すれば整体院でも活用できます。
「検索キーワード」の検索数を調べるということは、世の中の人々の「欲求」を調べることと同じなので、どのような業種でも活用できます。

ブログなどの情報発信媒体を持っていない場合は、有料のリスティング広告などを活用して集客してもいいと思います。
こんなに便利なツールがあるのですから、利用しない手はありませんよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。