「売れない」の最大の要因は…?

売れない会社(お店)の共通点

長年、「販売促進」の仕事をしてきて、売れない会社(お店)にはある共通点があることを感じています。
それは…
圧倒的に告知量が少ないということ。

あなたがとても魅力的な商品を開発しても、そのことを告知しなければ売れることはありません。
「黙っていても良い商品を販売していれば売れるはず」は売り手側の勝手な発想です。
「知らない=存在しない」なので、いくら良い商品を販売していても売れることはありません。
代表的なものとして、新聞折込チラシを1回行ない反応がなかったら、「新聞折込チラシは反応がない」と決めつけること。
もともと認知度が低い商品を、たった1回告知しただけで売れるわけがありません。

一方、業績の良い会社・お店は告知量が多いですね。
あらゆる方法で繰り返し告知するから商品が売れるのです。
語弊があるかもしれませんが、少々品質が悪い商品でも、告知量が多い商品は売れます。
それが現実なのです。

2つの視点で告知量を増やす

それでは、告知量を増やすためには何をすればいいのか?といいますと、次の2つの視点で販促計画を立ててください。

1 あらゆる方法で告知する

商品を告知する方法は新聞折込だけではありません。
フリーペーパーに広告を出稿したり、インターネット広告を試してみたり、店頭に看板を掲げるなど、告知する方法はいくらでもあります。
お金がない場合は知恵を絞りましょう。
新聞に折込する経費を削減したいのであればポスティングすればいいし、インターネット広告をするお金がなかったら毎日ブログを書いてアクセスを稼げばいいのです。
文具大手・アスクルは請求書にも商品を掲載しています。
「あらゆる方法で告知する」が徹底されているから売れるのです。

2 繰り返し告知する

先ほどもお話ししましたが、もともと認知度が低い商品をたった1回告知しただけで売れるわけがありません。
だから、何度も何度も繰り返し告知することを意識してください。
消費者は毎日たくさんの広告を目にしています。
そのほとんどの広告は無視(スルー)されています。
そのような状況の中であなたの広告に注目してもらうためには繰り返し告知が欠かせません。
同じ広告や商品を2~3回目にすると、「いつもこの商品を目にするな~」というふうに認知してもらえるようになりますからね。

スポンサードリンク

まとめ

売上げがなかなか上がらないことを会社内でくよくよ悩んでいるのであれば、とにかく告知量を増やしましょう。
キャッチコピーやデザインの質は次の話です。
告知量が増えれば売上げは必ず上がっていきますから!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。