「商品」ではなく「お店の魅力」で新規集客!

新規集客チラシの目的は何?

新規集客でチラシを配布するお店が多いですが、チラシに載っているものはそのほとんどが商品です。
魅力的な商品を掲載して新しいお客様を呼び込もうという考え方ですね。
ここでよく考えてみてください。
チラシを配布する目的は何ですか?
商品を売ることですか?
それよりも新しいお客様に来店してもらうことのほうが重要ですよね。
初来店した際の売上げ金額は低くても、来店さえしてもらえば、そこでお客様情報を取得して定期接触を行なうことでリピート来店が実現し、恒常的な売上げアップが実現していきます。
このように考えると、新規集客チラシに掲載するものは必ずしも「商品」である必要はないですよね。

「商品」以外の魅力を伝えて新規集客

埼玉県に、ハンモックに乗りながらカットしてくれる美容室があります。
カット料金は4,500円。
至って普通の価格帯です。
このお店では新規集客をする際に「商品」を打ち出していません。
「ハンモックでカットできる」というお店の魅力を打ち出して新規集客に成功しているのです。

初来店が実現する2つの要因

消費者が新しいお店に行くときには大きく2つの要因があります。
1つ目は商品です。
「○○という商品が欲しいからあのお店に行こう!」という感じです。
そして、もう1つはお店の魅力です。
「あのお店は○○があり、なんだか楽しそうだから一度行ってみたい!」という感じです。

スポンサードリンク

新規集客チラシで「商品」を打ち出しても反応しない理由

新規集客チラシで「商品」を打ち出してもなかなか反応しません。
なぜなら、大手企業のほうが「安くて魅力的な商品」をたくさん揃えているからです。
つまり、「商品力」は大手企業の武器ですから、私たち中小企業がいくら頑張ったところで勝ち目はありません。
(あなたのお店にしかない魅力的なオリジナル商品があれば話は別ですが)
それよりも、「お店の魅力」を高めて、それをチラシに打ち出してみてください。
「一度行ってみたい!」と感じてくれれば初来店が実現する可能性は格段に高まります。
そして、繰り返しますが、来店さえしてもらえば、そこでお客様情報を取得して定期接触を行なうことでリピート来店が実現し、恒常的な売上げアップが実現していきます。

「新規集客チラシ=商品の訴求」だけではありませんよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。