ユニークな「プレゼント企画」で新規集客!

一般的な企画とは異なる「プレゼント企画」とは…?

ある飲食店では、とてもユニークな企画で新規集客しています。
それは「プレゼント企画」です。
…うん? 珍しくない? ははは(笑)。
一般的なプレゼント企画とはだいぶ異なるので、最後までお読みください。

一般的なプレゼント企画は「全てのお客様」に対して行ないますよね。
「期間中にご来店いただいたお客様の中から抽選で○名様に□□をプレゼントします!」というふうに。
しかし、このお店のプレゼント企画の対象は「全てのお客様」ではありません。

まず、一度でも来店したことがあるお客様には会員カードを発行します。
この会員カードを持っているお客様を対象にプレゼント企画を行なうのです。

毎月50名様分の賞品を用意して、厳選な抽選の上、プレゼントの当選者を決定します。
そして、50名の当選者の名前をチラシに掲載して新聞に折り込むのです。
これを繰り返すだけで、毎月一定割合で新規客が増えているのです。

「会員向けプレゼント企画」に新規客が反応する理由

この企画でなぜ新規客が増えると思いますか?
地域住民は毎月そのお店のチラシを見ます。
チラシの中には毎月50名ものプレゼント当選者が掲載されています。
しかも、プレゼント賞品は毎月変わります。
このようなチラシを見続けると、消費者はどのように感じると思いますか?
「このお店の会員になってプレゼントをもらいたい」と思うようになるのです。
そして、来店が実現します。
その証拠に、初来店したお客様のほとんどが会員カードを求めてくるそうです。

毎月7~8万円程度で実施できるお手軽企画

「50人分のプレゼントを用意するためには多額の経費がかかるのでは?」と感じたかもしれませんが、そんなことはありません。
1~10位までは魅力的な商品を用意しますが、それ以外の賞品は仕入れ価格100円程度の粗品や、「お店で使用できる500円金券」など、原価を抑えています。
そうすることで、毎月のプレゼントにかかる経費は3万円以下で実現しています。

さらに、折込部数は毎月1万部程度なので折込費用は3万円。
印刷代金を含んでもトータルで7~8万円程度で実施できるお手軽企画です。
それに対して、反応が良い月は20人以上の新規客がやってくるというから、かなり費用対効果が高い企画といえそうです。

企画のきっかけ

この企画はもともと会員だけに送るニュースレター内で行なっていました。
今もニュースレターは発行していますが、「この内容をそのまま折込チラシに掲載したらどうだろう?」と考えたのがきっかけです。
「当店の会員になれば、こんなに良いことがあるんだよ!」と表現するためです。
これがうまくいったわけです。

スポンサードリンク

規格の注意点

ただし、プレゼント当選者の発表には気をつけています。
本名を掲載するとクレームになる可能性があるので、会員カードをつくるときにニックネームを書いてもらい、「会員番号 ○○町 ニックネーム」で掲載するそうです。

また、当選発表はニュースレターやメルマガでも行ないますので、新聞を定期購読していない会員も結果を知ることができます。
折込チラシはあくまで新規集客のために行なっているわけです。

是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。