「新聞折込」と「ポスティング」…どっちがいいの? その1

特に若い世代のほとんどが新聞を購読していない事実

新規集客のために作成したチラシをどのように配布していますか?
ひと昔前までなら新聞折込をすれば、ほとんどの地域住民に届けることができました。
しかし、最近は多くの人が新聞を定期購読していません。
その最大の要因はインターネットの出現です。
新聞を読む主な理由は、社会のニュースやテレビ欄を見ることでしたが、それらの情報はほとんど全てインターネットで取得することができるようになりました。
だから、わざわざ新聞を購読する必要性がなくなったわけです。
特に若い世代のほとんどが新聞を購読していませんので、若い人向けの商売をしている場合は注意が必要です。

おすすめの配布法はポスティング

それでは、どうやって配布すればいいのか?といいますとポスティングをおすすめします。
商圏エリア内のマンションや各家庭のポストに投函していく方法です。
これなら新聞を定期購読していない家庭にもチラシを届けることができます。

ただし、注意点もあります。
まず、マンションなどの集合住宅には管理人さんが常駐していて「チラシの投函お断り!」と掲げているところが少なくありません。
また、店長やスタッフがポスティング活動を行なうとかなり時間がかかります。
マンションなどの集合住宅が多い都会では短時間で配布できますが、家同士が離れている田舎ではかなりの時間を要してしまいます。

手間をかけたくない場合はポスティング会社を利用しよう

そのような場合は、ポスティング会社を利用する方法もあります。
新聞折込同様、希望のエリアと部数を伝えれば、ポスティング会社が代行してくれます。

ただし、ポスティング会社に依頼する場合にもいくつかの注意点があります。
まず、新聞折込よりも料金が高いこと。
B4チラシを新聞に折込する場合は3円程度ですが、ポスティングの場合は10円以上かかります。
1軒1軒の家のポストに投函していくわけですから、新聞折込よりも高額になるのは当然です。
また、配布するチラシの量が多い場合は、ポスティングするのに2~3日以上かかってしまいます。
これも1軒1軒の家のポストに投函していくわけですから当然ですよね。
例えば、「週末の金土日の3日間キャンペーン」を打ち出したチラシの場合、新聞折込ならキャンペーン当日(または前日)に一斉配布することができますが、ポスティングの場合は2~3日かかるので配布タイミングを決めるのが難しくなります。

ポスティング会社の選定は慎重に!

しかしそれでも、最近の社会状況(新聞購読者の現象)を考えると、ポスティングのほうが地域住民に届きやすいのは間違いありません。
そこで、ポスティング会社の選定は慎重に行なうようにしてください。
多くのポスティング会社では配布活動をアルバイトやパートに依頼しています。
最近は、シルバー人材センターに依頼することも増えてきました。(高齢化社会ですからね)
すると、チラシを配布していた人が面倒くさくなって、大量のチラシをゴミ捨て場に廃棄したなんて事件も少なくありません。
「人に任せる仕事」ですから、このような事件が発生するのも仕方ありません。

…ここまでネガティブな話が続きましたが、しっかりとしたポスティング会社では短期間でしっかりと配っていただけますので、知人の経営者や印刷関係の仕事をしている人などにおすすめのポスティング会社を聞いて選定するようにしてください。
他社よりも極端に安い業者は避けたほうがいいでしょう。

「新聞折込」と「ポスティング」のメリット・デメリットについて説明しましたが、これらを総合的に判断して配布法を決めるようにしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。