理想的な新規集客

地域住民が続々集まってくる休憩コーナー

ある地方のスーパーには、30席ほどの休憩コーナーがあります。
この休憩コーナーには、食事ができるように割り箸やストロー、醤油、お手拭きなどが常備されています。
それだけではありません。
お茶や水を飲むことができる給湯器まで設置されており、消費者はこれらを全て無料で利用することができます。

休憩コーナーの目的は…!?

このスーパーではなぜこのような設備を整えているのでしょうか?
答えは「顧客満足」「新規集客」です。
お店で購入したものを食べたり、お買い物の後に休憩できるわけですから、当然お客様は喜びます。
「顧客満足」ですね。
また、このような休憩コーナーがあると、地域の人々が集まってきます。
その場所で会話を楽しむためです。
実際、このスーパーの休憩コーナーでは毎日多くのお客様が立ち寄り、地域住民同士のコミュニケーションが行なわれています。
もちろん、主役は高齢者です。
おじいちゃんやおばあちゃんにとってその場所は「憩いの場所」になっているわけです。
…こうなると必然的にクチコミが生まれます。
「あのスーパーは楽しいよ」
そのような会話が生まれ、お客様がどんどん知人を連れてくる流れです。

今後の日本の状況を考えると、このような取り組みは大きな効果が生まれるかもしれません。
なにせ、日本人の半数近くが高齢者になるわけですからね。

「デザートパス」でどんどん新規客がやってくる!

スーパーの休憩コーナーには大きなヒントが隠されています。
大切なことは、いつもご来店いただいている常連のお客様が知人を連れてきたくなる仕掛けを用意すればいいわけです。
あるレストランでは常連客に対してデザートパスを付与しています。
デザートパスは、食後に無料でデザートが提供される特典パスです。
このお店ではデザートパスを使ってどんどん新規客を集めているのです。
仕組みは↓こうです。
デザートパスを持つお客様が1人でもいれば、同伴したお客様は全て特典(無料デザート)を受けることができます。
もともとデザートパスを持っている方は優越感を感じることができるし、一緒に来た新規のお客様は「私もデザートパスが欲しい!」と感じるはずです。
デザートパスを手にするためにはそのお店の常連客にならなければいけないので、この仕組みだけでどんどん新規客が増えているのです。

繰り返しますが、いつもご来店いただいている常連のお客様が知人を連れてきたくなる仕掛けを用意してください。
その仕掛けが魅力的であればあるほど、お客様はどんどん知人を連れてやってきます。
わざわざ「紹介キャンペーン」などをやる必要もありません。
是非チャレンジしてみてください。
理想的な新規集客が実現しますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。