「パパ割」と「ママ割」で新規集客!

ランチ客が夜来店しない理由とは…?

私たち人間には思い込みがあります。
例えば、いつもランチで通っている飲食店は「ランチのお店」と思い込んでいます。
もちろん、そのお店は夜の営業もやっていますが、ランチ客はほとんどは来店しません。
「ランチのお店」と思い込んでいるから当然ですよね。
そのようなお客様に対して「夜の営業」を案内すると驚かれることも少なくありません。
「え!夜も来ていいんですか?」というふうに。
だから、昼も夜も営業しているお店は「営業時間の案内」を徹底してください。
昼のお客様には夜の案内を。
夜のお客様には昼の案内を。
昼のお客様には「夜の営業時間で使用できるクーポン券」を進呈してもいいかもしれませんね。
これだけで簡単に売上げを上げることができるようになります。

「パパ割」と「ママ割」で新規集客!

これは飲食店に限った話ではありません。
例えば、美容室で(家族の中の)奥さんだけが通っている場合、旦那さんは↓このように感じています。
「この美容室は女性専用のお店なんだ」
これも思い込みですね。
もちろん、そのお店では男性客も子供客も受け付けています。
しかし、旦那さんは「女性専用のお店」と思い込んでいるため、来店することはありません。

そこで、おすすめの方法があります。
それは、女性客には「パパ割」(パパ専用の割引クーポン券)を、男性客には「ママ割」(ママ専用の割引クーポン券)をプレゼントする企画です。
「ぜひ旦那さんも一緒にお越しください」という一言と共にお渡しください。
なかには「旦那と一緒に行きたくない」という方もおりかもしれませんが(笑)、一定割合で反応するはずです。
100人のお客様に告知して50%が反応してくれたら、一気に50人もの新規客を獲得することができます。
これほど手間をかけずに集客できる方法は他にはありません。

「写真付きのお客様の声」も有効!

また、ニュースレターやDMなどに「写真付きのお客様の声」を掲載することも有効ですね。
そこに男性や子供の写真を掲載していれば、それを見た旦那さんが「男性も行っていいんだ!」と気づいてもらえるようになります。

…このように、お客様には「思い込み」がありますので、まずはこれを払拭する企画を行ないましょう。
意外と簡単に新規集客できますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。