看板はかなり有効な新規集客法!その2

通行人の目を引き付ける何かを載せる

前回は「看板=かなり魅力的な新規集客法」という話をしました。
そこで今回は、魅力的な看板のつくり方を説明します。
まず、看板をつくる上で絶対に意識してほしいポイントがあります。
それは通行人の目を引き付ける何かを載せること。
例えば、大きな文字で「注目!」と書けば注目してくれますし、店長のアップの顔写真が載っていれば目を引きます。
このように、看板には必ず通行人の目を引き付ける何かを載せるようにしてください。
なぜなら、通行人は歩いているからです。
歩いている通行人の足を止めるためには、インパクトがあるものが載っていないと素通りされてしまいます。
だから、まずは通行人の足を止める要素を必ず載せるようにしてください。

大きな文字で表現しよう

文字は大きい文字で表現することも重要です。
チラシやパンフレットなどの印刷物は手元で見ますが、看板は1メートルくらい離れた位置から見るので、小さい文字は読みづらいのです。
そのためには看板に掲載する情報量を絞り込む必要があります。
全てのメニューを載せる必要はありません。
人気がある代表的なメニューを厳選して掲載しましょう。
ちなみに、ランチ営業をしている飲食店の場合、ランチメニューは必ず「写真付き」で掲載するようにしてください。
「文字だけ」ではイメージしづらいので、お店に入る意欲が高まりません。

…このように、とにかく、魅力的でわかりやすい看板をつくるようにしてください。

複数種類の看板を用意する

ここから応用技です。
ランチ営業と共に夜の営業もしている飲食店の場合は、「昼用の看板」と「夜用の看板」を使い分けているお店が多いですね。
この考え方を応用しましょう。
例えば、美容室の場合は「昼のメニュー」と「夜のメニュー」はありませんから全ての営業時間を1種類の看板で通しているお店が多いですが、時間帯によって通行人の属性が変わるのであれば、看板を2~3種類用意しておくことをおすすめします。
例えば、朝と夕方は会社への通勤する人を狙ってOL向けの看板を設置し、昼間は主婦向けの看板を設置してもいいですね。
「看板は1種類しか設置してはいけない」というルールはありませんので、時間帯によって複数の看板を用意して新規集客の成功率を高めましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。