「公募」で新規集客!

「公募」を新規集客に活用しよう

「公募」をご存知ですか?
例えば、市町村がゆるキャラをつくった場合、そのキャラクターの名前を一般消費者から募集したり、商品名を募集したりする企画を「公募」といいます。
…これを新規集客に活用しましょう。
例えば、新商品を作ってその商品名を募集したり、商品のキャラクターを作って名前を募集するわけです。

商品名やキャラクター名を募集するチラシは高い反応率を示す!?

実は、世の中には公募マニアと呼ばれる人たちが多数存在します。
公募マニアとは… 日本全国で企画される公募に片っぱしから応募する人たちを指します。
なぜ、彼らは公募に応募するのかといいますと、公募には賞金が用意されている場合が多いので、これでおこづかい稼ぎをしているわけです。このような公募マニアはもちろん、公募マニア以外の一般消費者に対しても訴求してください。
新商品を告知したチラシを配布するよりも、商品名やキャラクター名を募集するチラシのほうが高い反応率を示す可能性は高いかもしれません。

「公募」を使った新規集客の流れ

「しかし、公募の数が増えても、売上げアップにはつながらないのでは?」と感じたかもしれませんね。
そこで、ここから公募を使った新規集客法を説明します。
公募に申し込んできた人たちに対して、お礼DMを送ることで新規集客するのです。
DMには公募に応募してくれたことに対するお礼の手紙と、お店の商品券(クーポン券)を同封してください。
もちろん、クーポン券は公募で利用した新商品を提供(または割引)する内容にしましょう。
わずかな時間でもその商品のネーミングを一生懸命考えた人たちですから、新商品への興味関心度合いは高いはず。
一定割合の人が「食べてみたい!」「使用してみたい!」などと感じれば、初来店が実現します。
つまり、新規集客の実現です!

「公募」の賞金は高額である必要はありません

「でも、公募を行なうとなると、高額の賞金を用意しなければいけないのでは?」と感じたあなた。
安心してください。
ほとんどの公募の賞金はそれほど高くはありません。
商品やキャラクターのネーミングなどの場合は1~5万円くらいが相場なので、これを広告費と考えれば安いものですよね。
さらに、新商品のネーミングが決まったら、「速報!新商品○○○の名前が決まりました!」というチラシを作成しこれを配布したり、facebookなどで告知しましょう。
商品名が決まっただけの話ですが(笑)、「全国500通の中から決まったのは…!?」などと表現すれば盛り上がっている雰囲気をつくることができます。

「公募」の募集の仕方

ちなみに、公募は商圏エリア内にチラシを配布して集める方法とインターネットを活用しましょう。
インターネット上には全国の「公募」をまとめたホームページもたくさんありますので、ここに掲載してください。
「公募」で検索すると多くのホームページが見つかるはずです。
これらの募集サイトは掲載料無料のものもあるので、無料で新規集客できるかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA