多彩な支払い方法で新規集客!

金券による支払いで新規集客

ほとんどのお店の支払い方法は「現金払い」「クレジットカード決済」の2種類しかありません。
ここに「金券類」を加えることで新規集客がしやすくなります。
金券とは、図書カードやクオカード、デパートの商品券や切手などです。
なぜ、支払い方法に金券類を加えるとお客様が増えるのか? といいますと、「現金はないけれど、使用していない商品券はある」というお客様を取り込むことができるからです。

金券による支払いは「1割引」を同じ!?

ちなみに、先ほど挙げた金券類はそのまま金券ショップで換金すれば90%前後で買い取ってもらえるので、実質的に1割引で販売していることと同じです。
今の時代、「1割引」ではなかなか集客できないので、割引企画よりも高い反応を示す可能性はあります。
もちろん、金券類は必ずしも換金する必要はありません。
経営者やスタッフさんの給料や手当として現金の替わりに支給する方法もありますし、毎月一定量の郵送物があるお店の場合は郵送代金を切手で支払うこともできます。
これらの工夫をすることで「割引ゼロ」が実現するかもしれません。

ネットショップ業界における「売れる鉄則」

ネットショップ業界における「売れる鉄則」の1つに「支払い方法を複数用意する」があります。
ネットショップの場合は「クレジットカード決済・銀行振込・代金引換」の3つは必ず用意しておくべきです。
同様に、注文方法も「ホームページ・メール・電話・FAX」まで揃えると良いですね。
なぜなら、全てのお客様が全ての支払い方法・注文方法に対応できるわけではないからです。
例えば、クレジットカードを持っていない方も少なくありませんし、「ホームページやメール上に注文履歴を残したくない」という方もいます。
そのような人たちは、自分が好む選択肢がないとわかった瞬間に、別のショップに移動してしまいます。
つまり、売上げダウンです。

電子マネーによる支払い

同様に、店舗経営においても、支払い方法や問い合わせ方法は複数用意するようにしましょう。
最近特に利用者が増えているのが「電子マネーによる支払い」です。
現金払い・クレジットカード決済に続く第3の支払い方法です。
今後は電子マネーを利用するお客様は確実に増えていきますので、必ず用意するようにしましょう。

いくら魅力的な広告をつくっても「支払い方法に電子マネーがないから来店をあきらめた」と感じるお客様がいれば、これは非常にもったいない話です。
新規集客の「漏れ」をなくすことが、新規集客の確率を上げるはじめの一歩です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。