回数券で新規集客 その2

回数券のもう1つのメリット

前回、回数券には現金が先に入ってくるメリットがあることについてお話ししました。
そこで今回は、もう1つの大きなメリットについて説明します。
それは、これからの売上げが確定すること。
例えば、11枚綴りの回数券を購入したお客様は、その後必ず11回来店してくれるようになります。
これは非常に大きなメリットです。
「回数券は売上げの先取りだから、翌月以降の売上げが落ちるのでは?」と思う方もいると思いますが、その「翌月以降の売上げ」は100%確実なものですか?
今定期的に来店していただいているお客様が、これからもずっと来店し続ける保証はありますか?
少なくとも回数券のほうが確実性は高いといえるのではないでしょうか。

お客様が勝手に定期来店してくれる!?

また、11枚綴りの回数券を使用しているお客様に対しては、回数券がなくなる頃合いを見計らって、次の回数券をPRしましょう。
ここで再度購入していただければ、さらに来店回数が増えます。
いちいちDMやニュースレターなどを送らなくても、お客様が勝手に定期来店してくれるのです。

回数券の裏のメリット

回数券を販売していると、一定割合である現象が生まれます。
その「ある現象」とは…
回数券を買ったのに、全て使用しないお客様が現れることです。
理由は様々です。
回数券を買ったものの引っ越しをしてしまったり、回数券そのものを紛失してしまったり。
しかし、店側には返金する義務はありませんから、未使用分はそのままお店の利益となります。
(返金を求められたら応じてもいいと思います)
もちろん、なるべく多くのお客様が回数券を使用して定期来店していただきたいものですが、これも回数券の裏のメリットといえるでしょう。

とにかく、回数券にはお得な印象があるので、新規集客の上では効果的です。
あなたが販売している商品・サービスを回数券化することができるのであれば、是非「回数券」企画を立ててください。
きっと良い結果が得られるはずですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。