■イベント・キャンペーン企画の成功事例
近隣店舗とコラボレーション企画

お互いのお客様を送客し合う仕組み

今回は、即効性が高い集客法をご紹介します。
それは、近隣店舗(近くのお店)とコラボレーション企画をする方法です。
あなたのお店には、いつもご来店いただくお客様がいますよね。
そのお客様は、あなたのお店に対して信頼感を感じていますよね。
同様に、近隣店舗にもいつも来店するお客様がいます。
そのお客様は、近隣店舗に対して信頼感を抱いています。
それなら、近隣店舗とコラボレーション企画をして、お互いのお客様を送客し合う仕組みをつくれば、お互いにメリットがあります。

新規客はなぜ集客しにくいのか?

そもそも、新規客はなぜ集客しにくいのか? といいますと、初めてのお店に対しては信頼感がないからです。
信頼感がない=怖い ということです。
だから、なかなか新規客は現れないのです。
しかし、いつも行くお店の店長がおすすめするお店があれば、つい行きたくなりませんか?
「近くにとってもパンケーキが美味しいお店があるんですよ」と聞けば、つい行きたくなる人も多いと思います。
既に信頼感がある店長から紹介されたお店なので、パンケーキのお店に対しても信頼感が感じられるのです。
そこで、近隣店舗の店長に打診して、「一緒に販促活動をしませんか?」と持ち掛けてみましょう。
相手のお店も集客に悩んでいる場合が多いので、高い確率でOKをもらえるはずです。



様々な方法でコラボしよう

コラボレーション企画には様々な方法があります。
チラシを作る場合、表面にあなたのお店の告知を、裏面に相手のお店の告知を印刷したチラシを作り、新聞に折り込んだり、お互いの店頭にチラシを設置し合ったり、2店舗合同のイベントを行なうなど、楽しみながら考えてみましょう。
もちろん、必ずしも2店舗である必要はありません。
3~4店舗で共同企画を行なってもいいですね。

コラボレーション企画の注意点

ただし、注意点もあります。
それは、業種が重複しないこと。
例えば、「飲食店・美容室・整体院でコラボレーション」のように、お互いの業種が重複しない組み合わせでチームを作りましょう。
同じ業種でコラボ企画をすると、あなたのお店のお客様を奪われてしまう危険性があり、企画がうまくいきません。
また、なるべく同じエリアのお店と組むことも重要です。
同じ地域に住んでいる人に告知したほうが、お客様になってくれる確率が高いからです。

集客に困っていないお店はほとんどありません。
魅力的な企画案を作って提案をすれば、賛同するお店は必ず現れるので、積極的に取り組んでみましょう!



Follow me!