店内の一部を地域住民に開放して新規集客!

お客様の趣味の展示会を開催しよう

お店のスペースに余裕があれば、その場所を地域住民に開放して新規集客を実現しましょう。
例えば、小物づくりが趣味のお客様がいれば、今までに作った小物を展示販売する企画を立てるのです。
小物以外にも絵画が趣味であったり、写真好きなお客様もいますから、いろいろな分野で企画を立てることができます。

DMハガキと郵送費はお店負担で行ないましょう

そして、この展示会をお知らせするDMハガキの印刷代金を負担してあげましょう。
最近はインターネットで注文すれば印刷代もかなり安いので、それほど大きな負担にはなりません。
また、郵送費(切手代)もお店負担とすれば、展示会を開くお客様はかなり喜んでくれるはずです。
ただし、1つだけ条件があります。
それは、送付リストはお客様側で準備すること。
個人の方でも100名くらいの知人がいるはずですから、この方々にハガキを送れば、かなり良い確率で来店してくれるはずです。
ちなみに、100名分のハガキ印刷代金が3,000円、郵送費が5,200円(52円切手×100名)の場合、合計でも8,200円の経費で済みます。
1万円以下の経費で数十名の方がお店に来店してくれて、そこから数人でも顧客化してくれるのならかなり安いものです。
1回の来店で1万円以上の商品を販売している場合は、たった1人のご来店で元を取ることができます。
(新聞折込チラシなどで新規集客する場合、1人の新規客を初来店させるのに2~3万円かかることも珍しくありませんからね)

お店のPRを必ず行なう

展示会などのイベントをきっかけにお店にやってきてくれた人に対しては必ずお店のPRを行ないましょう。
お店のチラシを手渡したり、次回来店時に使用できるクーポン券をプレゼントするのです。
知人が懇意にしているお店ですから、ここから新規客が生まれる確率はかなり高いはずです。

メリットだらけの新規集客法

この企画は既存客に対しても魅力的です。
お店に行けば毎回異なるイベントが行われているわけですから、これらのイベントが来店の楽しみにもつながります。
また、展示会などのイベントを行なったお客様との絆が深まるメリットもあります。
企画案を打ち合わせたり、DMハガキのレイアウトを打ち合わせすることにより、かなりコミュニケーションが深まりますので、生涯客になる可能性は高いですね。
さらに、お店に対するイメージも良くなります。
地域住民のためにお店のスペースを開放しているわけですから、ある意味地域貢献になります。
メリットは他にもあります。
常に店内でイベントが行われているわけですからお店に活気が生まれるし、展示会の売上げの一部を手数料として受け取ることで新たな売上げアップも見込めます。

とにかくいろいろな面でメリットがある企画なので、お店のスペースに余裕があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。