おすすめの本を紹介します①

本大好き人間の私(米満)がおすすめする本をご紹介します。
ここで紹介する本はいずれもおすすめの本ばかりです。
これ以外にもたくさんの本を読んでいますが、おすすめしない本は一切掲載しません。
興味があれば是非ご覧ください。


1984年のUWF
柳澤 健著・文春文庫
☆☆☆☆☆(星5つ)※プロレス・格闘技ファンなら

中学生の時、長州力の維新軍に夢中になりました。
当時の中学生男子は、そのほとんどがプロレスファンでした。
しかし、その中にはプロレスに興味がない人もいて、「どうしてプロレスラーはロープに飛ばされるとかえってくるの?」と尋ねられた時、答えることができませんでした。
プロレスは真剣勝負だと信じていたからです。
その後、前田日明がUWFを旗揚げします。
彼らはロープに飛ばされてもかえってきません。
フィニッシュ技はほぼ関節技。
「UWFこそ真剣勝負のプロレスです!」と叫ぶ前田日明に魅了されて、当時鹿児島に住んでいた私は、福岡までやってきてUWFの試合を観戦しました。
しかし、その後PRIDEやUFCなど総合格闘技のイベントが大人気となり、改めてUWFを見た時、それが真剣勝負ではないことに気づきました。
でも、それで前田日明が嫌いになったわけではありません。
彼らの役目は、少しずつ私たち観客の目を真剣勝負に慣れさせるために必要不可欠なものだったと思っています。
いろいろな意味で良い時代だったのかもしれませんね。
そんなUWFの裏側を全て描いた本が「1984年のUWF」です。
青春が戻ってきますよ!
(2020年4月読了)
Amazonで購入する場合はこちら


小説 上杉鷹山
童門 冬二著・集英社文庫
☆☆☆☆☆(星5つ)

上杉鷹山(ようざん)をご存知ですか?
江戸時代の米沢藩のお殿様です。
江戸時代中期の米沢藩は、極度の財政難に陥っていました。
借金は20万両。
現代のお金に換算すると、約200億円もの借金があったそうです。
そんな倒産危機にある米沢藩で、婿養子としてお殿様になったのが上杉鷹山です。
鷹山はまず自ら倹約に努め、家臣や奥女中の大リストラを行ないます。
また、武士や農民などの身分を問わず学問を学ばせ、産業を興して藩の大改革を行ない、米沢藩を蘇らせることに成功したのです。

以前、米沢市でセミナーをした時、担当者に「一番好きな偉人は誰ですか?」と質問しました。
「上杉謙信」という答えを期待していた私に対して、担当者は笑顔でこう言いました。
「武将ではありませんが、やっぱり上杉鷹山が一番ですね!」
そう。今でも米沢の市民に愛されているのです。
ちなみに、アメリカの元大統領ジョン・F・ケネディは上杉鷹山を「最も尊敬する日本人政治家」と評しています。

コロナで大混乱している今の時代に上杉鷹山がいたら、どのような指導をしてくれるのかな?
想像しただけでワクワクしてきます。
そんな上杉鷹山の生涯を描いた本を読みました。
はっきりいって、すごい行動力です!
中小企業経営者に是非読んでほしい一冊です。
Amazonで購入する場合はこちら


毎月7万円! 普通の人が副業で「占い師」になる法
西 彰子著・同文舘出版
☆☆☆☆★(星4つ)

正直、「占い」の分野はあまり関心がないのですが、著者が知り合いなので軽い気持ちで読んだみたところ、予想を裏切る(失礼!)面白さで、「占い」はかなりビジネスに活用できるな~と感じました。
本書では、占いの学び方から、占い師としての開業の仕方、占いビジネスとしての商品のつくり方など、かなり細かく説明しているので、これから占い師を目指す方にはかなり役立つでしょう。
例えば、自分の存在をSNSで拡散させたい場合は、芸能人を占って効果的なハッシュタグをつけることで、自分のSNSの注目度を上げることができます。
「なるほど!」ですよね。
また、あなたが営業マンの場合、お客様の生年月日を知ることができれば、お客様の性格がわかるので、コミュニケーションがスムーズになったり、運気を調べることで、お客様が契約しやすい日やあなたの仕事がうまくいきやすい日に商談を入れることで営業成績を上げることもできるそうです。
「占い」といえばスピリチュアルな印象しかありませんでしたが、ビジネスとしてもかなり面白いな~と感じました。

そういえば以前、社長の奥さんが占い師の工務店の事例がありましたね。
新築見学会の企画として、来場者に無料占いを提供する企画をチラシで打ち出したところ、かなり多くの見学希望者が現れたそうです。
さらに、その工務店で家を建てると、風水占いを活用して家族が幸せになる間取りで設計してくれると大人気になったそうです。
ビジネスの武器として「占い」を取り入れるのもアリかもしれませんね。
Amazonで購入する場合はこちら


ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。

ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。
湯澤 剛著・PHP研究所
☆☆☆☆☆(星5つ)

大手企業でバラ色のサラリーマン人生を送っていた湯澤さんは、父親の急逝により、36歳で突然父親の会社を引き継ぐことになりました。
その会社には40億円もの借金があったのです。
銀行からは「完済までに80年はかかるでしょう」と言われたましたが、湯澤さんは泥まみれの人生を送りながら、16年間で借金を完済しました。
一体どのような方法で完済させたのか?
なぜ、自己破産という方法を選ばなかったのか?

今コロナ禍で苦しんでいる経営者が多いと思いますが、この本を読めば大きなエネルギーが沸いてくると同時に、大きなヒントが得られるはずです。
経営者なら絶対読んでほしい感動的な一冊ですね。
Amazonで購入する場合はこちら


メルカリ初心者からはじめて月5万円を稼ぐ方法
泉澤 義明著・ぱる出版
☆☆☆★★(星3つ)

私も出品したことがあるので、メルカリのことはほとんど理解しているつもりでしたが、この本を読んでみると、意外と知らないことが多くて驚きました。
なかでも「一見、不用品と思える商品でも売れる」という事例を読んで、早速ある不用品を出品してみたところ、すぐに売れました!
この本を読んでいなかったら捨ててしまうところだったので、本当に情報って大切だな~と感じました。
それ以外に、プロフィールの作り方やタイトルの付け方で商品の売れ行きが変わるノウハウもかなり参考になりました。
メルカリユーザーにはかなりおすすめの一冊です。
Amazonで購入する場合はこちら

Follow me!