コロナが終息した日の日記

コロナが終息した日の日記

その日、私はテレビ放送に釘付けとなった。

新型コロナウイルスに効果的な新薬とワクチンが開発され、コロナ問題は一気に終息に向かったのだ。

あれほど日本中を、いや世界中を席捲したコロナウイルスは、もう怖いものではなくなった。

人々は一気に町に繰り出した。

商業施設やデパートでは「コロナ克服セール」の横断幕が掲げられ、今まで外出を控えていた消費者たちが殺到した。

映画館やテーマパークも息を吹き返し、若者や家族の笑顔が溢れた。

サッカーやプロ野球も、いまだ無観客試合であるけれど再開した。

電車や新幹線も通常運行となり、観光地は大盛況。

ホテルや旅館に予約が殺到した。

国際線の飛行機も勢いよく飛び立ち、ハワイでは世界中の人々が抱き合った。

飲食店や美容室などの個人店舗も復活し、人々の笑顔が溢れた。

よくよく考えてみると、たった数ヶ月間の出来事だった。

終わってみれば、あっという間の出来事だったのだ。

そして、世界を震撼させたコロナウイルスは、もう怖いウイルスではなくなった。

ウイルスに効果的な新薬とワクチンが開発されたのだから。

もう怖いものは何もない。

ここから世界経済が回復するのだ!

あわせて、政府はコロナ関連の融資制度や給付金制度の中止を宣言した。

ここでふと気がついた。

私は何もしていなかったことに。

融資や給付金を申請することや、コロナ沈静後の準備を何ひとつしていなかった。

コロナ報道に怯え、冷静に「先」を見ることができなかった。

しかし、世の中は既に回復し始めている。

完全に手遅れになってしまった。

私はこの数ヶ月間を意味なく過ごしたことによって、全てを失ってしまったのだ。

(終わり)

こういうふうに後悔しないように、今からあらゆる準備をしましょう。

コロナ終息は意外と早いかもしれませんよ!

「コロナウイルス問題で売上が伸びてる業種・業界まとめ」については次の記事で紹介しています。

「コロナ給付金(持続化給付金)に対する私の考え方」については次の記事で紹介しています。





Follow me!