イベントカレンダー(カレンダーチラシ)でチラシの反応期間を伸ばす方法
【illustratorテンプレート付】

チラシの反応期間を伸ばす方法

一般的な折込チラシの反応期間は3日間程度といわれています。
月曜日に折り込んだら、その効果は水曜日くらいまでしか持続しないということです。
たしかに、一般消費者はチラシを見てもよほど興味があるチラシ以外はすぐに捨ててしまいますから、反応する期間が短いのも頷けます。
この反応する期間を延ばすことはできないものでしょうか?
その1つの方法として、カレンダーチラシ(イベントカレンダー)があります。

※当ページの最下部から↑このデータ(illustratorテンプレート)をダウンロードできます。

お店のイベントやキャンペーンの情報を1ヶ月分掲載したチラシです。
これを月始めに折り込めば、チラシの反応が1ヶ月間継続する可能性が高まります。

私の体験談

近所のスーパー銭湯では、毎月カレンダーチラシ(イベントカレンダー)を配布しています。
私はこのチラシを見るのが大好きで、1ヶ月間しっかりと保管していました。
なぜ、カレンダーチラシの反応が良いのか? といいますと、お客様には「お客様の都合」があるからです。
例えば、12月の第1週目の金・土・日曜日にキャンペーンを行なう場合、興味があるお客様は来店します。
しかし、来店しない人の中にも興味がある人はいるのです。
「興味はあるけれど、第1週目の金・土・日曜日は別の予定が入っているから行けない」というお客様です。
興味はあるけれど来店しない。
とてももったいない話ですよね。
このようなもったいない客層を取り込むことができるのが、カレンダーチラシ(イベントカレンダー)です。
カレンダーチラシにはこれからの1ヶ月間のスケジュールが全て掲載されていますから、「お客様の都合」に合った日時に来店してくれるようになります。

冒頭でもお話ししましたが、消費者は興味がないチラシはすぐに捨ててしまいますが、興味があるチラシはしっかりと保管してくれていますから、反応が長続きするのです。

「号外新聞風のチラシで集客!」については次の記事で紹介しています。

大型キャンペーンでは逆効果!?

ただし、大型キャンペーンなど、1つのキャンペーンに集中特化して売上げを上げたい場合は、カレンダーチラシは逆効果です。
1つの広告に複数のキャンペーン情報が掲載されていると、消費者の興味が分散されてしまいますからね。
私自身が体験したスーパー銭湯では、ほぼ毎日何かしらのイベントが行われていました。
ポイント2倍DAYや、女性半額の日、生ビール半額の日など、小さなお楽しみがほぼ毎日掲載されていました。
このように、小さなイベントを定期的に行なっているお店では、カレンダーチラシ(イベントカレンダー)はかなりおすすめの表現方法といえすね。

※illustratorCS5で作成、フォントは「FOT-ロダンPro EB」を使用しています。フォントがない場合は、お持ちのフォントに置き換えてご使用ください。



Follow me!