高確率で新規集客できる異業種店舗とのコラボレーション企画

地域密着型の店舗の場合、おすすめの新規集客法があります。
それは、異業種店舗とのコラボレーション企画です。

例えば、美容室とエステサロンがコラボして、「全身キレイになる企画」などを打ち出すわけです。
企画の流れとしては、まず最初にエステサロンに行って全身マッサージを受けて体をキレイにします。
その後、美容室に行って髪の毛をキレイにします。
1つの企画で全身をキレイにする流れです。

コラボ企画を行なうときの2つの注意点

このようなコラボ企画を行なうときには注意すべき点が2つあります。
1つ目は、同じ客層を持つお店同士で行なうこと。
「全身キレイになる企画」の場合は「女性」ですね。
ターゲットとなる客層が同じ場合、「エステサロンのお客様」がその後「美容室のお客様」になってくれる可能性が高まりますし、逆のパターンもありです。
2つ目は、同じ地域で運営しているお店同士で行なうこと。
2つのお店が離れていたら、その後の再来店が難しくなりますが、同じ地域内であれば、その後リピート客になってくれる可能性が高まります。

「認知→体験」の必勝パターン

新規集客を成功させるためには、地域住民に認知していただくことがとても重要です。
そもそも、あなたのお店の存在は誰も知りません。(と思ってほうがいいでしょう)
例えば、通勤などでいつも歩いている道で、ある日突然建物の解体工事が始まりました。
その時に「…そういえば、ここには何のお店があったっけ?」と感じたことはありませんか?
このように、人は興味関心がない場所のことはほとんど覚えていないのです。
通勤などで毎日歩いている道でもほとんど覚えていません。
だからこそ、認知していただくことが重要なのです。
認知 …つまり、あなたのお店を知ってもらう数が増えれば、新規客は必ず増えます。

そして、その次に行なうことは「体験」です。
美容室とエステサロンのコラボ企画を行なうと、「美容室のお客様」がエステサロンを体験することになり、「エステサロンのお客様」が美容室を体験することになります。
「認知→体験」までくれば、新規集客の可能性はかなり高まります。

異業種店舗コラボ企画を受け入れてくれるのか?

さらに、世の中のほとんどのお店が「新規集客」に困っています。
だから、このような企画を考えて、周りのお店にどんどん提案していきましょう。
ほとんどの方がOKしてくれるはずです。

しかも、この企画にかかる経費は、お互いの顧客にDMを送ってコラボ企画を告知することと、2店の商圏エリア内にチラシを配布することくらい。
ほとんどお金をかけずに高確率で新規集客が実現する方法です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。