「モノ余りの時代」だからこそ、「下取りサービス」で新規集客!

中古品の「修理代金」よりも「新品の価格」のほうが安い!?

現代は「モノ余りの時代」と言われています。
消費者はどんどん新商品を購入して、どんどん捨てています。
なぜ、このような時代になったのでしょうか?
江戸時代の頃はどのような商品でも「修理」し続けて長く使用していました。
しかし、現代はほとんどの商品が「使い捨て」になっています。
なぜ、そうなったのか?といいますと、商品開発の技術が進歩したからです。
大型の工場ができて短時間に大量生産することが可能になったため、商品そのものの価格が下がっているのです。
しかし、「修理」は機械化できません。
人の手で行なわないといけないため、「修理代金」よりも「新品の価格」のほうが安いなんてことも起こっています。
だから、消費者はどんどん新商品を購入して、どんどん捨てていくのです。

すると、消費者の家は「捨てたい商品」で溢れてきます。
こうなると世の中に「捨てる商品」が増えますから、国が困ります。
そこで、商品を捨てるのにお金がかかるようになります。
例えば、家電製品やパソコンを捨てるためには処分費用を払わなければならないのです。

「下取りサービス」は通常の「値引きキャンペーン」よりも大きな価値を感じやすい!

そこでおすすめの新規集客法があります。
それは「下取りサービス」です。
あなたのお店が個人家電店の場合、「新型のパソコンをご購入いただく場合、古いパソコンを下取りさせていただきます」と告知するのです。
もともと、商品販売時にはある程度の値引きを行なっているのであれば、この値引き額を「下取り」と言い換えればいいだけです。
「どんなに古いパソコンでも5,000円で下取ります」と告知すれば、お客様にとっては「処分費用がかからない上に5,000円もらえる!」と感じるはずです。
…そう。「下取りサービス」は通常の「値引きキャンペーン」よりも大きな価値を感じやすいのです。

それでは、ここで下取りしたパソコンなどの商品はどのように処分するのか? といいますと、リサイクル店などに転売すればOKです。
最近、リサイクル店が増えていますし、うまくいけば下取り費用以上の価格で売れるかもしれません。

家電製品以外の商品を販売しているお店の「下取りサービス」とは…!?

「家電製品を販売していないお店の場合はどうすればいいの?」と感じたあなた。
例えば、美容室の場合は「美容室=美を提供するお店」だから、「美」に関する商品で「下取りサービス」を行ないましょう。
飲食店の場合は「食」に関する商品で下取りを行ないましょう。
つまり、あなたの業種に合った商品を下取りする、という考え方です。
「下取りサービス」は、必ずしもお店で販売している商品を下取りしなければいけない、というルールはありません。
あなたの業種に合った商品であれば、消費者は納得してくれます。

美容室の場合は、化粧水やシャンプーのボトルを下取りするサービスが考えられます。
「ボトルを下取りする代わりに、新しいシャンプーのボトル代金50円を差し引きます」と打ち出すわけです。
シャンプー剤の「詰め替え」と同じイメージです。
ここでも「処分する手間が省ける上に値引きしてもらった!」という喜びを感じることができます。

時代は今「省エネ=リサイクル」に向かっています。
「下取りサービス」を行なえば、「リサイクルに寄与している」という満足感も得られますので、かなり高確率で新規集客できますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。