地域密着型店舗は「泥臭い営業」で新規集客しよう!

なかなか新規客がやってこない理由

新規集客を成功させるためには、必ずクリアしなければならない重要な要素があります。
それは「信頼感の構築」です。
いつも行くお店には信頼感がありますから、お客様は躊躇することなく定期来店してくれますが、一度も行ったことがないお店にはまだ信頼感がないため、なかなか初来店が実現しません。
例えば、中小店舗が定期的にチラシをポスティングしてもなかなかお客様はやってきませんが、近くに大手コンビニが出店してチラシをポスティングすると、たった1回のチラシでたくさんのお客様がやってきます。
この差が「信頼感」です。
大手コンビニには既に大きな信頼感があるから、たった1回のチラシでお客様が殺到するのです。

ポスティングは根気強く行なおう

そこで今回は、中小企業・店舗が信頼感を獲得する方法を説明します。
代表的な方法は、チラシを定期的にポスティングする方法です。
1~2回の配布ではなかなか反応しませんが、4~5回目の配布あたりから認識してもらえるようになります。
「そういえば、このお店のチラシはいつも入っているな~」というふうに。
地域住民に「認識」してもらえれば、あとはチラシの内容が魅力的であれば新規客は必ず現れます。
認知してもらえるまで根気強くポスティングし続けるしかありません。

…というよりも、特に地域密着型の店舗の場合は、半永久的にポスティングし続けるべきです。
その地域でこれからも店舗経営をしていくのであれば、これからもずっとポスティングし続ける意識を持つべきです。
そして、ポスティングをしている最中にお客様や地域住民に会ったら笑顔で挨拶してください。
地域内で有名人になるくらいの意識でポスティング活動を続ければ、お店はきっと繁盛していくはずです。
毎日ポスティングをすると、地域内に知り合いがどんどん増えていきますし、ウォーキングも兼ねていますので、ダイエットにも効果的です(笑)。

こちらから行くから、お客様が来てくれる

「しかし、毎日ポスティングをするのは大変なので、もっとラクな方法はありませんか? インターネットのリスティング広告とか…」と感じた方は、はっきりいって業種を変えたほうがいいかもしれませんね。
もちろん、インターネット広告も行なったほうがいいと思いますが、「地域との触れ合い」をせずにお客様に来てほしいというのは虫がいい話です。
こちらから行くから、お客様が来てくれるのです。
インターネット広告のように効率的な手法だけで商売をしたいのであれば、ITや通信販売のほうが適していると思います。

ポスティング以外の方法でも集客できる!

地域密着型店舗なら、地域に溶け込むのが一番早い方法です。
もちろん、ポスティング以外の方法でもいいと思います。
地域の行事に積極的に参加したり、町内会で役員を務める方法もありです。
町内会の役員をすれば、当然他のメンバーから「何の仕事をしているのですか?」と尋ねられます。
尋ねられたら「2丁目で居酒屋をやってます」と答えましょう。
同じ町内会の仲間がお客様になってくれる可能性は高いし、会合の懇親会として利用してくれるかのしれません。
このような泥臭い営業を続けていれば、必ずお客様は増えていくはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。