売れる4原則

「売れる4原則」をご存知ですか?
それは、お客様が買いたいもの(商品)を、買いたい値段で、買いたい時に、買いたい方法で売ることです。
1つずつ説明していきましょう。

お客様が買いたいもの(商品)とは…?

あなたは「お客様が買いたいもの(商品)」を売っていますか?
昔大量に仕入れて売れ残ってしまった在庫商品を売ったり、他の商品よりも利益率が高い商品を優先的に販売していませんか?
在庫商品を販売したり、利益率が高い商品を売ることが悪いことではありませんが、それらは全てお店都合の話です。
「お客様が買いたいもの(商品)」ではなく「お店が売りたいもの(商品)」です。
本当にお客様が買いたいと思っている商品、それをお買い上げいただくことでお客様の生活がより豊かになる商品を売るようにしましょう。
「お客様が買いたいもの(商品)」を見つける方法は、実際に売れている商品であったり、お客様の声から仕入れた商品などです。

お客様が買いたい値段とは…?

あなたは商品を「買いたい値段」で販売していますか?
「買いたい値段」とは、その商品がもたらす価値に対して適正な価格で販売するということです。
自店の利益のためだけに大幅な利益を上乗せして販売しても大衆はついてきません。
また、「買いたい値段」必ずしも「低価格」ということではありませんが、企業努力によりなるべく低価格で提供できるように努めることも重要です。

お客様が買いたい時とは…?

真夏にコートを販売しても売れません。
コートを売るのであれば、少しずつ寒さを感じ始める時期に販売するのがベストです。
本格的な冬の少し前に売ることで、消費者は「事前にコートを買っておいて良かった!」と感じるので、あなたのお店に対する信頼感が高まります。
このように「お客様が買いたい時」とは、お店が売りたい時ではなく、お客様の喜びが最大化される時期を指します。

お客様が「買いたい方法」とは…?

例えば、通信販売の場合は、インターネット・メール・電話・FAX・ハガキなど、考えられる購入手法は全て整えることが鉄則です。
「会社にFAX機がないからFAXでの受付はやめよう」というのは会社都合の考え方です。
もちろん、FAXの需要は年々減っていますが、昼間は作業現場にいてネット環境がない場合など、FAXでの購入を求めているお客様も少なくありません。
あなたの会社・お店のターゲット層が求める購入方法を用意することが重要です。
支払い方法も同じです。
「クレジット決済は面倒だから」という理由で振り込みのみの対応にしておくと売上げは伸びません。

まとめ

もうおわかりだと思いますが、「売れる4原則」とは全てお客様都合に合わせるということです。
ビジネスを行なう上でいろいろな事情や難しい側面はあると思いますが、それらは全て会社都合です。
商品やサービスを販売する際には必ず「売れる4原則」を意識してください。
今まで以上に売れるようになるのは間違いありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。