■イベント・キャンペーン企画の成功事例
エステサロンとフランス料理店のコラボ体験会

体験会をすれば、売れる確率が大幅に上がるのは当然

あなたのお店では体験会を開催したことがありますか?
例えば、「新車の試乗会」や「ワインの試飲会」など、無料または通常よりも格安でサービスを提供する体験会などです。
この体験会そのもので利益を得ることは(ほとんど)ありませんが、お客様が実際に商品やサービスを「体験」することで、その後の成約率が大幅にアップするメリットが得られます。

でも、これって当たり前の話ですよね。
お客様が複数の商品を比較検討する中で、「体験したことがある商品」と「未体験の商品」があれば、ほとんどの人が「体験したことがある商品」を選ぶのは当然です。
つまり、体験会を実施すれば、売れる確率が大幅に上がるのは当然なのです。
…そうあれば、とにかくお客様に体験してもらえばいいわけです。
体験さえしてもらえば商品に対する信頼感が上がるし、接客を通してスタッフへの信頼感も上がります。

しかし、最近は体験会を行なう会社やお店が増えており、一般的な企画では成功しづらくなっています。
そのような状況の中、あるエステサロンがとてもユニークな体験会を行なって大成功しました。

大ヒットした体験会企画のヒットの理由

あるエステサロンが行なったとてもユニークな体験会とは、コラボ体験会です。
自店で提供しているエステサービスフランス料理コースディナーを組み合わせたコラボ体験会です。
知人にフランス料理店を営む経営者がおり、コラボレーションする形で実現しました。
テーマは「美と美食 優雅な週末」。
土曜日の午後に特定し、「エステサービス」を体験した後に「フランス料理」を楽しむサービスです。
体験コースとして、それぞれ通常価格の半額でサービスを提供する企画で、1回につき「限定10名様」で募集したところ、予想以上の応募があり、応募者を分けて3週連続で開催したほどの高反応が得られました。
なぜ、これほど反応したと思いますか?
その理由はテーマにありました。



コラボ企画の3つのメリット

じっくりと考えてみてください。
エステサービスのみの体験会の場合、この企画のテーマは集客になってしまいます。
どのようなタイトルをつけたとしても、広告を見た消費者は、主催者の裏の狙い(=集客)を感じてしまいます。
「最終的に集客をしたいから、最初だけ半額で体験させるのよね?」というふうに。
しかし、1つの体験会で異なるお店の2つのサービスが提供されると、どちらかというとテーマのほうに注目が集まります。
つまり、単独商品の体験会では「お店」を意識してしまうのに対して、複数商品の体験会は「テーマ」や「サービスそのもの」に注目してくれるようになるのです。

また、異業種同士のコラボ企画であれば、お客様を裏切ることはできません。
コラボした相手を裏切る行為にもなりますからね。
消費者はそのあたりの心理も感じ取っているのかもしれません。
単独店舗で行なう体験会よりも安心感を感じるから、多くの消費者が反応したのです。

さらに、2店舗による合同企画にはお店側の経費面でのメリットもあります。
単独で企画を行なうよりも、2店舗合同のほうが販促経費が少なくて済むからです。

つまり、コラボ企画では次の3つのメリットが得られるのです。
①複数商品の体験会は「テーマ」や「サービスそのもの」に注目してくれるようになる。
②お客様が単独店舗で行なう体験会よりも安心感を感じる。
③単独で企画を行なうよりも、2店舗合同のほうが販促経費が少なくて済む

その結果、エステサロン、フランス料理店共に、3週連続の体験会で多くの新規客を獲得することができました。

コラボ企画の可能性

コラボ体験会は、これ以外にも様々なパターンが考えられます。
あなたが提供する商品と何を組み合わせれば消費者が魅力的に感じてくれるのか? を真剣に考えて、それを提供している会社やお店に打診することで、魅力的な企画を生み出すことができます。
あなたもチャレンジしてみませんか?



Follow me!