「お客様の人数が増えれば割引」で新規集客!

「みんなで割」の成功要因とは…?

お客様の人数が増えれば増えるほど割引率が高くなる企画を考えてみませんか?
そこで、ANA傘下の格安航空会社であるバニラ・エアの「グループ割引」の事例を紹介しましょう。
企画の名称は「みんなで割」。
2人で20%OFF、3人で30%OFF、4~9人で40%OFFという企画を打ち出し、かなり人気があるそうです。
その後、「みんなで割」の最低人数は4人になりましたが、それでも多大な集客に成功しています。
そもそも旅行は2人で行く場合が多いため、最低人数を4人にすると逆効果では? と感じるかもしれませんが、どうやらクチコミが生まれているようです。
もともと2人で行くつもりだった旅行を、「みんなで割」でお得に購入したいため、さらに2人の知人を誘って(豪駅4人にして)予約する人が相次いでいるのです。
消費者心理はわからないものですね~。

「みんなで割」企画を応用しよう!

これをあなたの会社・お店でも応用してみましょう。
例えば、2人で来店の場合は5%OFF、3人の場合は10%OFF、4人の場合は15%OFFというふうに、人数が増えるに従って5%ずつ割引率を上げていく方法です。
(必ずしも5%である必要はありません。お客様にとって「魅力的!」と感じる割引率を設定してください)
これが浸透すれば、既存客が知人を連れて来店する可能性が高まります。
なぜなら、既存客自身も得するから。
自然な形でクチコミが生まれ、新規集客がうまくいくはずです。

ただし、注意点もあります。
割引は必ず上限を設定するようにしてください。
最大でも20~30%OFF程度に留めておかないと、利益がなくなってしまいますからね。

楽しみながら企画しよう♪

「みんなで割」企画の考え方を応用して、年齢の合計を割引率にしてもいいですね。
例えば、50歳代の方が2人で来店した場合は5+5=10%OFF、20歳代の方が1人と30歳代の方が2人で来店した場合は2+3+3=8%OFFという感じです。
つまり、高齢であればあるほど得する企画です。
ファミリー客を集めたい場合は子供の年齢で足し算してもいいですね。
自由な発想で楽しみながら企画してください。

そもそも「ショッピング=楽しい行為」ですから、企画が楽しそうであればあるほど、お客様は魅力を感じて来店してくれるようになります。
楽しい企画でお客様を魅了しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。