■一般消費者アンケート
こんなスーパーマーケットに行きたい!

一般消費者のみなさまに、「こんなスーパーマーケットに行きたい!」という理想のスーパーマーケット像について尋ねてみました。
あなたのビジネスにお役立てください。


私の理想のスーパーは、入口付近に無料で飲めるカフェコーナーや有料で軽食がとれる場所があり、料理に関する本やレシピ本が沢山おいてあって自由に見れたり、コピーができるお店です。
また、お店で作成した今週のレシピや、旬の材料を使ったおすすめレシピなど、手作り感あふれるチラシみたいなものが週単位で無料で配布されると、凄く便利です。
やはり主婦は毎日の献立に一番苦労しますので、何か情報があれば毎日でも通いたくなると思います。
(30代・女性)


私がスーパーに望む事は、まず第一に会社帰りの途中にある事です。
次には、会社帰りに車で寄るので、駐車場が広くて近場のスペースが空いていることです。
お店の雰囲気やシステムには特に要望は無いですが、帰り時間にタイムセールが行われていると非常にポイントが高いです。
家計も大変助かりますし、何より、選ぶ手間が省けます。
(40代・男性)


ディスプレイに工夫を凝らしているスーパーに魅かれます。
珍しい種類の野菜や果物が、見やすくフレッシュな状態で陳列されていたり、魚はパック詰めのものの他に、氷の上に鮮魚がたくさん載っていたり。
特に魚やお肉のコーナーでは、匂いを絶対にさせないでほしいです。
生臭い匂いも、消毒の匂いも、どちらもが購買意欲を削いでしまいました。
また、地方や外国のお菓子が置いてあったり、色々な種類の油や味噌があること。
他のスーパーにないものが豊富なお店には暇があれば足を運ぶと思います。
(40代・女性)


行きたいスーパーの絶対的な条件は、第一に車の出し入れがしやすいということですね。
それと、やたらと商品が山積みされていないお店が理想的です。
私は愛飲家なので、リカーコーナーが充実していればなおさら嬉しいです。
できるだけ多くのウイスキーやブランデー、ワイン、それにビールを選ぶことができたら最高です。
清潔面では、お店の床が汚れていないことをまず望みます。
清潔さを感じられないお店で、良い商品に巡り合えた記憶がありませんので。
(50代・男性)


レジの混み待ちがとても嫌なので、レジの混雑をなくす工夫をしてくれるスーパーに行きたいです。
例えば、商品を少なく買った人と結構多く買った人のレジを別々にする、等です。
また、自分で打つレジもたまにありますが、やはりまだ自分で打つ事が苦手な人も多いと思うので考えて欲しいです。
あと、お年寄り専用のレジも作ってほしいと思います。
それは、お年寄りは急ぐ動作が苦手だと思うので、ゆっくり会計を済ませたい方は別の列に並ぶ選択ができると、お年寄り本人もあせらなくて良いし、その他の人も楽だと思うからです。
(50代・女性)


是非行きたいのは、地元の契約農家から仕入れた産直野菜を積極的に取り扱うスーパーです。
あと思いつくところでは、マグロや名産牛の解体実演など、客も体感して楽しめるイベントがたくさんあるお店。
買い物する間、店内のキッズスペースで子供を預かってくれるサービスを導入しているお店。
アレルギー対応食品の品揃えが充実しているお店。
車椅子対応のショッピングカート(膝上にカゴを固定する骨組み付き)があるお店などが理想です。
(30代・女性)


子育て世代としては、一番重視しているのは利便性です。
小さな子供が一緒なので、カートの通りやすい広い通路だと助かります。
また、子連れでスーパーに行って困るのが、子供が自分で歩きたいと駄々をこねて歩かせるものの、低い位置にある商品に触ってしまうことです。
敷地面積的にも難しいとは思うのですが、かがんだりしなくても商品を手に取れるスーパーがあれば、高齢の方にも優しいし、子連れでも助かりそうです。
(30代・女性)


時々スーパーの入り口に近い身体障害者用駐車スペースに明らかに身体障害者でない人が停めているのを見るが、こういうのはスーパー側で何か対策ができると思う。
また、スーパーの駐車場で車上荒らしをしようと物色している人を見かけたことがあるので、防犯カメラは最低限つけてほしいと思う。
以上の対策がしっかりしているスーパーはとても信頼できるし、好感度が高いと思う。
(50代・男性)




1つ目は、無料Wi-Fiがあるスーパーです。
買い物中にネットで献立を見たりするし、子どもが動画を見ていたりするので、無料Wi-Fiは助かります。
海外観光客がスーパーで買い物するケースも増えていると思うので、その際にWi-Fi環境があると利用しやすくなると思います。
2つ目は、店舗にSNS映えする撮影スペースがあると面白いと感じます。
商品陳列が外国のようなカラフルな色味だったり、フルーツが積まれていたり、店舗外に素敵な木々やお花がある、等です。
海外旅行中にスーパーの陳列が可愛くて写真を撮っていたら、どんどんSNSで宣伝してね!と店員さんか協力的で、買い物しつつ楽しい時間が過ごせました。
(30代・女性)


オーガニックの商品や添加物が少ない商品を購入できるスーパーは、多少遠くても行ってみたいと思います。
私自身も家族もアレルギー体質のため、食べ物の安全性は特に気になります。
できるだけ自然に近い無添加のものを、と思うのですが、扱っているお店が限られてしまっているのが現状です。
多少高くても、無添加やオーガ二ックのものが売られていると本当にありがたい気持ちになります。
(40代・ 女性)


海外のスーパーが好きで旅行に行くたびに覗いているのですが、ほとんどのスーパーの野菜は自分で選ぶタイプの量り売りです。
日本ではパック詰めされているものが主流なので、欲しい数だけ買う事ができません。
また、香辛料類の量り売りもあり、日本だと1瓶買わないといけないのが、使ってみたい香辛料を好きな量買えるので便利です。
量り売りコーナーがあると、その楽しさからお店も自然に活気づくと思うので、採用されたらいいのにな、といつも思っています。
(50代・女性)


スーパーの力ードがポイント制になっていて、規定額になると、自動的に500円チケットなどがでてくるサービスがあると、目に見えてポイントが貯まった実感があり、「ど うせ買うならこのスーパーで」と購買意欲が刺激されます。
また、定期的に安い日が決まっているスーパーだと広 告を見なくても自分で覚えているので、「この日は安いからあのスーパーに行こう」という気持ちになります。
あとは、商品とは関係ないですが、仕事の帰りに買い物をする ことが多いので、トイレが締麗なお店かどうかも気に なります。
「あそこのスーパーは安いけど、トイレに行きたいからトイレの締麗なこっちのスーパーに行こうかな」となることが結構あります。
(20代・女性)


スーパーに一番求めることは生鮮食品が新鮮で品揃えが豊富であることです。
季節の野菜や果物が充実していることは大変魅力的です。
近くのスーパーでなかなか無いのが、アジア、中華料理などの調味料が揃っているお店です。
現在は遠くの輸入 食材店に行かなければならないので、特殊なスパイスなど近 くのお店で購入できるととても便利です。
(40代・女性)


一つ目は、店内が明るく清潔であることです。
これはどうしようも無いと思いますが、古いスーパーだとどうしても店内が暗く、物がごちゃごちゃしていてあまり買う気が起きません。
新しめのスーパーや比較的大きなスーパーだと、店内が明るく商品が整然としていていて気持ちがよいです。
二つ目は、輸入品などの品ぞろえが豊富なことです。
できるだけ国産のものを購入したいですが、やっばり輸入品の方が安く見栄えがよい場合もありますので。
(20代・女性)


毎日の家事の中でも食事を作るという事は、思った以上に頭を使い悩む事です。
限られた予算の中で、家族の体調に気を使って栄養バランスを考え、献立が重ならないように気を付け、いかに短時間で できるかを考えます。
そんな私がスーパーに望む事は、色々な提案をしてくれることです。
例えば、定番の商品はしっかり揃えておきながら、少し珍し い食材を取り入れたり、その調理法を紹介してくれるとマンネリ化しがちの食卓が賑やかになり、作る方も楽しめると思います。
また、調味料やだし等も少し凝ったものを置き、それを使ったレシピを紹介してくれると料理上手になった気分になれます。
そんな風に主婦のやる気を高めてくれるスーパー が近くにあるといいなと思います。
(50代・女性)


何より接客態度だと思います。
お客が入って来たのに気付いていながら知らぬ顔をしたり、商品の場所や在庫数について質問しても、面倒臭そうに「そこになければありません」で終わる店員さんなどは困ります。
常に笑顔である必要はありませんが、対応が明るくキビ キビとした店員さんのいるスーパーは良いものです。
また、商品の種類と質の視認性を高める照明の明るさは必要ですが、明るすぎる蛍光灯よりは、白熱灯のような電球色で溢れた店内には暖かみを感じるので行きたくなります。
また、支払いに電子マネーが使えるスーパーはいいな と思います。
1円玉を気にすることなく支払いもかざすだけで終わるので大変便利です。
(50代・男性)



Follow me!