新規集客チラシに「お客様の声」を掲載して反応率アップ!

あなたのチラシは疑われている!?

新規集客チラシを作成する場合、チラシに必ず掲載してほしいものがあります。
それは「お客様の声」です。
「お店を選んだ理由」や「お店の魅力」をお客様に書いていただき、これをチラシに掲載するのです。
なぜ、「お客様の声」を掲載するのか? といいますと、広告の中の様々な要素の中で「お客様の声」が一番威力があるからです。
お店側がいくら「良い商品ですよ!」と書いても、消費者は心の片隅でこう思っています。
「本当に…?」
つまり、疑っているわけです。
全てを疑っているわけではありませんが、100%信頼しているわけではないということです。

そこで「お客様の声」です。
「お客様の声」はチラシを見ている消費者と同じ立場(買う側)にいる人の声ですから信頼できます。
お店側の声は100%信頼することはできないけれど、「お客様の声」はかなり高い確率で信頼してくれます。
その信頼度の高い「お客様の声」に「良いお店ですよ」と書かれていれば、これに反応する消費者は必ず増えます。

大手は必ず「お客様の声」を利用している

実際、通信販売のチラシやネットショップにも必ず「お客様の声」は掲載されています。
あなたもamazonのレビューや楽天トラベルの「お客様の声」を読んで商品や宿泊先を決めた経験はありませんか?
これが「お客様の声」の力です。

信頼できる「お客様の声」のつくり方

しかし、最近は「作られたお客様の声」も少なくありません。
実際にお客様に書いてもらった声ではなく、企業側で作成された「嘘のお客様の声」です。
そこで、信頼感を高める「お客様の声」のつくり方を説明します。

1つ目のポイントは、お客様に「お客様の声記入用紙」を手渡し、手書きで書いてもらうようにしてください。
そして、手書きで書かれた声をそのままスキャンして掲載するようにしましょう。
パソコンのテキスト文字よりも信頼感が高まります。

2つ目のポイントは、「苗字+町名」で掲載することです。
例えば「鈴木さま(中央区○○町)」というイメージです。
お客様の名前がイニシャルや匿名希望では信頼感が高まりませんが、「苗字+町名」という形なら信頼感が高まります。
「しかし、お客様は本名を掲載することに拒絶感を示すのでは?」と感じるかもしれませんが、苗字だけならOKしてくれる人は多いです。
しっかりとお願いするようにすれば、OKしてくれる人はさらに増えます。
ただし、姓名を全て掲載したり、町名以下の具体的な住所まで掲載すると問題が起こる可能性があるので、「苗字+町名」で掲載するようにしましょう。
これだけでも十分説得力があります。
町名を掲載すると、同じ町の人が反応しやすくなるメリットもあります。

…このように、「お客様の手書き・苗字+町名」で「お客様の声」を掲載するとかなり魅力的な広告ができます。
是非チャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ザッツ 代表取締役。 1969年鹿児島市生まれ。 鹿児島大学卒業後、西日本最大手の印刷会社㈱ゼネラルアサヒ入社。2001年4月独立起業。 美容室・飲食店を中心とした中小店舗・企業の販促支援を行なっている。小さな店の最大の武器である「人・情熱」を最も的確に訴求できる販促ツール・ニュースレター作成・指導の第一人者として、全国で「ニュースレター作成サービス」を展開し、200以上の企業・店舗が導入している。 主な著書に、「ひと味違う販促企画アイデア集」 「 0円販促を成功させる5つの法則」 「不景気でも儲かり続ける店がしていること」 「最新版 売れる&儲かる!ニュースレター販促術」 などがある。 趣味は、サッカー観戦(アビスパ福岡・次女)・宇宙・歴史(江戸~幕末)。妻1人、娘2人の4人家族。